子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その2>  海外オートマネー検証体験談 >>


HonyaClub.com


ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その3>

今回の講演会託児付赤ちゃんということもあり、50人以上集まった8割くらいの方が託児を利用したようです。去年までの私だったらもちろん託児を利用するところですが、今春から子どもが幼稚園に入園しようやく身軽に動けるようになりました。嬉しい集まったママ達は転勤族の方も多かったようで「普段はどこも預けるところがない」とか「いつも自分一人で悩みながら子育てしている」悲しいなどという声も聞かれました。

転勤族で核家族というと周りに頼れる人も多くなく、一人で子育てに奮闘するママが結構いるのではないでしょうか?
キャプネット・みやぎの鈴木氏によれば、実は昔の子どもの方が今よりほったらかしにされていたというのです。ある意味虐待です。大人は、農作業に家事に朝から晩まで人手が足りない状況で隣近所とも連携して生活していました。とても子どものことまでは手が回りません。そこで子ども達は子ども社会を作ってお互いに育ちあっていたというのです。

それが今ではどうでしょう?機械が何でもやってくれる時代になり、農作業や家事にしてもずいぶんラクになったはずです。自分の家のことは隣近所に頼らなくても生活していけるようになったのですね。それが実は「子育ての孤立化」につながっているようなのです。他人の手を借りることが少なくなり、子育ても自分だけでするのが当然というように思ってしまうのです。母親が過保護すぎるくらいいつも一緒で育児をしていると、思うようにならないことも出てきてついイライラしてしまいます。そんな時大切なのは「私が休む」ことと鈴木氏はおっしゃっていました。つまり、自分の限界を意識し、子どもとの距離を置いてみるのもいいとか。孤立せず地域のネットワークをうまく利用して子育てできたらいいですね。楽しい

これは子育てとは少し離れますが、鈴木氏は「弱さの価値」というものをもっと考えてほしいとおっしゃいました。人は生まれながらにして「やれ鼻が高い」だの「勉強がよく出来る」だの「強さ」だけが評価されてきたというのです。「弱さ」は人に自慢するようなものではありませんでした。ところが北海道の浦河町にその「弱さ」を売り物にしているところがあったのです。びっくり

その名は浦河べてるの家。ここには統合失調症(旧:精神分裂病)の人たちが集まってコミュニティを作っているのです。この町は昆布の生産地としても知られていますが、町のキャッチフレーズが「昆布も売るけど病気も売る」。病気であることを隠さずに、むしろそれを売り物にビデオを製作販売したり、講演も引き受けています。楽しい
おもしろいと思ったのは、彼らが昆布の袋つめ作業をするところ。単純作業ですが、何せ統合失調症の人たちですから仕事は3分と続きません。冷や汗一人が持ち場を離れて行くのを見ていた他の人が彼の代わりに作業を始めます。ところがそれも長くは続きません。「ガンバレ」と言って出来るものではないのです。
どうすれば作業が続けられるのか?
それは普通5人で出来るところの人数を増やせばいいのです。10人、20人と仕事をリレーすればちゃんと昆布の袋つめだって出来るのです。嬉しい
「浦河べてるの家」では「弱さ」が尊重されています。「強さ」ばかりが価値ではないのです。これって子育てにも通ずるところがあるのではないでしょうか?

最後に鈴木氏より子育てママに是非読んでほしいとお薦めの本読書がありました。それは森田ゆり著「気持ちの本」。子どもと一緒に読むと何か発見があるかも知れません。ひらめき
<11/25〜11/28のお届け物プレゼント>11/28に1件電話で当選の連絡がありました。他にはあらたな当選品はありませんでしたが、ジゾウさんのところで紹介のエフキュアトライアルセット、森永クリープより連続お届け世界のコーヒーの11月分は「ドミニカ」、カゴメの株主優待品が届きました。

●ブルボン&みやぎ生協共同企画で
「第4回辻学園 プチわくわくお菓子教室に親子でご招待」が当たりました。(12組24名)→(今月25件目の当選)

聞き耳を立てる・・・私はこうして当てました。

ブルボン商品400円以上購入のレシートで応募するものでした。ブルボン味サロン(207円)を二つ購入。5歳以上の子どもが対象のお菓子教室はそんなにないのでどうしても参加したく、結局締切日ギリギりに二口応募。今年はWチャンスで商品券(1000円)が40名に当たるものだったので競争率は高かったかと思います。コメントに「去年参加した時撮っていただいた写真を年賀状に使わせていただきました。とても楽しかったので今年も参加できたら嬉しいです」と書きました。去年はブッシュ・ド・ノエルでしたが、今年は何を教えてもらえるのかしら?今からとても楽しみです。

聞き耳を立てる・・・気になるキャンペーン情報を一つ。

明星チャルメラでは「ラーメンの友キャンペーン」を実施しています。
明星チャルメラ5食パックシリーズのバーコードを希望のコース分貼って応募します。
1枚(トッピング食材コース)は鹿児島ますや厳選黒豚の炭火焼豚、札幌ロイヤルホテル朝もぎとうもろこし、福岡かねふく辛子明太子、特製チャルたまセットが合計1000名に、2枚(産直グルメコース)では御殿場高原焼豚&ハム詰め合わせなどが合計500名に、3枚(高級食材コース)では北海浜焼きセットなどが合計300名に、4枚(ラーメンの街ペア宿泊券コース)では札幌、東京、京都、福岡のホテルに1泊できる宿泊券が合計200名に当たります。
締め切りは2006年1月15日です。
応募先など詳しくは、こちらをご覧下さいませ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 子育て期の悩み・トラブル・支援 | あずさ |
 ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その3> 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!









http://azusa.jugem.cc/trackback/649
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ