子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その1>  ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その3> >>


HonyaClub.com


ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その2>

前回の記事「子育ては虐待あり」が前提ということを書きましたが、今度は子ども子供の側の視点に立って考えてみたいと思います。
まず、子どもの成長には5段階があると言われているそうです。
1.生存欲求
(生命を維持する基本的欲求、赤ちゃん赤ちゃんで言うとミルク、寝る、オムツ替え)
2.安心・安全の欲求
(赤ちゃん赤ちゃんで言うと抱っこ、話しかけ、歌を歌ってもらうなど)
3.みんなの中で生きていきたい欲求
4.自我欲求
(みんなの中で自分の存在が認められたい)
5.自己実現
 (自分の持てる能力をさらにのばす)
 
キャプネット・みやぎの鈴木氏の話では、被虐待児はこの成長段階の「2.安心・安全の欲求」がない場合が多いということです。ショック常にビクビク緊張が連続している状態できているので、いくら周りで支えようとしても土台がないところに家を建てようとしているようなもの。大切なことは「本人があるがままで認められること」だそうです。

鈴木氏は、A君という男の子の話を例に出されました。
当時小3のA君は、ある日砂場でB君とケンカなり、突き飛ばした弾みでB君が鼻血を出してしまいました。担任はA君だけをこっぴどく叱りつけたのですが、実はこのケンカB君が先に砂をかけてきたものだったのです。A君は悔しくてたまらなかったのですが、このことは両親にも話しませんでした。と言うのは、A君の家庭では父親はお酒熱燗が入ると暴れ、母親に暴力をふるうような人だったからです。怒り家の中の雰囲気はいつもピリピリ緊張状態。とても学校の様子など話す感じではなかったのです。A君にとって生きるために必要なスキルは「両親の顔色を見ること」。このことが後々人の顔色を伺うような人間へと成長していったのでした。
相手の人に役立つことがすなわち自分の価値と思い込み、いわゆる「イエスマン」になったのです。こうなると仕事でわずか書類一枚の失敗でも自分を許すことができません。相手からのアドバイスも「お前死ね」という言葉に聞こえてしまうから恐ろしいものです。冷や汗毎日生きることが大変でした。
実はこのお話の中のA君というのは、鈴木氏ご本人だったのです。びっくりドメスティックバイオレンスの渦中で育ったのですね。「DV環境は虐待」と法律でも明言されているそうです。

ところで、キャプネット・みやぎの活動の一つに虐待問題を抱えている母親を対象としたグループワーク(セラピー)があるそうです。毎週一回母親達が集まり、円座になって「私はダメ母だ」と思うことを一人ずつみんなの前で語り合う会だそうです。
話す上で大事なのは、「私」女という言葉と出来事の中の「私の気持ち」だとか。その話を聴く側のルールがいくつかあります。
決して評価をしない、意見しない、一切口をはさまない。ここで話されたことは外には持ち出さないということです。大切なのはその時間を共有すること。自分の話を参加者全員に受け止めてもらえたという事実。
こうした活動で何かがすぐに変わるものではありませんが、徐々に「ダメ母も私の一部」と認められるように変われたらいいのです。1年、2年とかなり時間を要する場合もあるようです。時計どちらかが正しいと思わずに、利害関係のない弱音を吐く仲間を作ることをぜひお勧めしたいと鈴木氏は話されました。

自分を振り返ってみて、周りには弱音を吐くことができる仲間ってそんなにいないんですよね。しょんぼりしかも「その話を決して評価しない」人なんて稀有ですよね。母親グループワークの活動は私にとっても興味深いものです。皆さんはどう思われますでしょうか?

ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その3>に続きます。
<11/23〜24のお届け物プレゼント> 11/23に2件のお届けがありました。

●11/23
1.三菱製紙「ナクレ東北鍋大国キャンペーン第一弾」で
「Aコース・青森の桜鍋セット」が当たりました。(50名)→(今月23件目の当選)

2.プリマハム&リオン・ドール共同企画で
「リオン・ドール商品券2000円分」が当たりました。(50名)→(今月24件目の当選)

聞き耳を立てる・・・私はこうして当てました。

三菱製紙の懸賞は、ナクレのトイレットペーパーのバーコードを2枚一口で応募するものでした。普段は398円しますが、売り出しで298円で購入。一口応募でした。第一弾は青森・桜鍋と山形・芋煮鍋から選ぶものでしたが、馬肉は食べたことがないので桜鍋を希望。精肉店から馬肉、キャベツ、ねぎ、糸こんにゃく、ささがきごぼう、桜鍋のタレが届きました。誕生日に届いたので嬉しいバースデイプレゼントになりました。

リオン・ドール商品券はプリマハムのバーコード525円以上を一口で応募するものでした。同時期に類似のタイアップが他店でもあったので、こちらは夫の名前で応募。ひとこと記入欄があったので、「ハーフベーコンの枚数が、我が家でちょうど使いやすい枚数で気に入っています」などとコメントしました。商品券はいくらあっても嬉しいですね。

聞き耳を立てる・・・気になるキャンペーン情報を一つ。

東洋水産では「マルちゃんオリジナルエアロアールシープレゼント」を実施しています。赤いきつねうどん、緑のたぬき天そばなどマルちゃんの丼型和風カップめんのバーコードを1枚一口で応募(まめサイズは2枚)すると、抽選で6000名に「インプレッサWRX」と「ランサーエボリューションIX」がセットで当たります。
締め切りは2006年1月15日です。
応募先など詳しくは、こちらをご覧下さいませ。
| comments(6) | trackbacks(2) | 子育て期の悩み・トラブル・支援 | あずさ |
 ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その2> 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!
子供の育つ環境って、本当に大切ですね。
親の接し方で、性格や考えなどが作られていくと思うと
子育てをするのが、少し恐くなってきます。
もし、ちゃんとした人に成長できなかったら…などと
考えてしまうと、私で大丈夫なのか?と思ってしまいます。
しかし、みんなそうやって子育てしているんだなぁ〜って
ちょっと感動もしますね。

そして、当選、おめでとうございます!
馬のお肉…食べた事ないですね。どんな味なんでしょ?
リオン・ドールって…聞いた事ないです(^_^;
| ミルクル | 2005/11/27 6:10 PM |
ミルクルさん、こんばんは。
初めての子育ては何かと悩みも尽きないものです。
が、二人目になってくるといい意味でいい加減なところも
出てきて多少余裕も出てきますよ。三人目以降ははもっとラクという話も聞きます。これからお子さんをというミルクルさんを怖がらせてしまってたらすみません。
子育てママにエールを送るという趣旨の講演会なので、最終的には勇気付けられる話で完結するのですが、第二話はちょっとシリアスすぎる内容だったかも知れません。
どうかそんなに子育てを心配なさないでくださいね〜。

自分の誕生日に届く当選品はとりわけ嬉しいものです。
馬肉は生まれて初めて食べました。肉は少し固めですが
クセもなくおいしかったですよ。特製味噌ダレが味の決め手のようでした。青森ではよく家庭でいただくのかしら?
リオン・ドールは福島県に本社があるスーパーです。
| あずさ | 2005/11/27 11:46 PM |
周りには弱音を吐くことができる仲間ってそんなにいない…
その話を決して評価しない人なんて稀有…
その通りですよね。
あるがままを受け入れる、押し付けない、評価しない〜これは受容・傾聴・共感というピアカウンセリングのスタイルで、私はこのピアカウンセリングで子育てママたちの相談業務を担ってきているのですが、このような関係性で心の交流を図ることは、とても意義のあることだと感じています。そんなママたちの気持ちに向き合いながら自分も育てられました。
しおんさま
ご連絡ありがとうございました。
Ping設定させて頂きましたが、反映されましたでしょうか。
| ピアルーム | 2005/11/28 5:43 PM |
ピアルーム さま
おはようございます。
残念ながら反映してないようですね。
うまく設定できると
右サイドバーのBlogPeopleのところに
「子育てママ応援」がリンクとして表示されます。
新しい更新したものが上位表示され
ヒヨコマークがつくんですけどね。
| しおん | 2005/11/29 7:57 AM |
ピアルームさん、こんにちは。
ピアルームさんはカウンセリングのお仕事をなさっているんですね。今の時代の子育ては昔と違って、核家族で子どもが少ないため赤ちゃんと接する機会がないまま大人になることが多いのではないでしょうか。自分の出産で初めて赤ちゃんと接することになると当然分からないことだらけで、周りに相談できる人もいないとなるとつらいですよね。
カウンセリングのお仕事は本当に価値があると思います。私も子育てに迷ったらグループワークに参加してみたいなと思っています。
| あずさ | 2005/11/29 4:10 PM |
しおんさま
こんばんは。いろいろとお心遣い頂き感謝しています。
ネットの基本知識ぐらいしかありませんので、スキルが伴わずにお手間を取らせてしまいましたが今回反映できたようです。ありがとうございました。

あずささま
心強い温かいメッセージを頂き、ありがとうございます。みんなママになる教育を受けている訳ではないので、初めての子育て戸惑うことばかりですよね。子どもは愛しいけどスムーズにいかないことの方が多くて、立ち止まっては悩み乗り越えという感じで。大変な子育てなのに労われることも少なく、気持ちを分かってもらえないのではママもつらいですよね。私も子育てを通して体感していますので、大変な子育て期のママを応援できる役割を担えればとても嬉しいです(^_^)
| ピアルーム | 2005/11/29 7:19 PM |









http://azusa.jugem.cc/trackback/648
子育てピアカウンセリングのお話
ピア・カウンセリングをご存知ですか? ◇ピア・カウンセリングとは◇ ピアには、「仲間」とか「対等な立場」という意味があります。 ピア・カウンセリングは、精神科医のように医学的なところでのカウセリングではなく、対等な立場で同じ仲間として行われるカウ
| 子育てママ応援 | 2005/11/28 5:46 PM |
パパからママへの暴力子どもの涙
とても重いお話になってしまいますが、同じママという立場の仲間として ママにみられる悲しい現実があることも共有してくださいね。 配偶者からの暴力を受けるママたちの中には 「自分に問題があるから暴力を受けるのではないか」 と我慢をしてしまう様子もみられ
| 子育てママ応援 | 2005/11/28 5:47 PM |
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ