子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< 小学校入学へまず第一歩☆  ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その2> >>


HonyaClub.com


ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その1>

皆さんは「幼児虐待」子供と聞いて何を思い浮かべますでしょうか?テレビ、新聞で報道された「親が子供に暴力をふるって死亡させた事件」や「食事を満足に与えずに餓死させた事件」など思い出す方もいらっしゃるでしょう。その背景には何があるのか、また実態はどうなのか子供を持つ親としては大変興味のあるテーマです。ちょうどあるフリーペーパーで標題の講演会のお知らせを知り、早速話を聞いてまいりました。詳しくお話したいので、これから3回に分けてこのテーマについて書いていきたいと思います。ペン

講演会はエル・パークフォーラム2005の催し物の一つとしてMIYAGI子どもネットワークが企画し、11/22(火)エル・パーク仙台ギャラリーホールを会場に行われました。この「MIYAGI子どもネットワーク」は1998年に子どもの権利を守り、女性の自立を進めるための活動を行う団体として設立されました。現在の主な活動は、市内2ヵ所での託児(子育てサポート仙台0123)、子どもホットライン、市内3児童館(鹿野、小松島、市名坂)の企画運営です。子育てが一段落した女性10人で始まった団体は現在37人のメンバーで活動中。私もここの託児は数え切れないくらいお世話になりました。嬉しい

さて、講演会に話は戻りますが今回の講師はキャプネット・みやぎ事務局次長の鈴木俊博氏キャプネット・みやぎとはあまり耳慣れない名称ですが、「子ども虐待防止ネットワーク・みやぎ」と聞けば少しイメージできるでしょうか?この団体は1999年10月に子どもに関わる専門家が呼びかけ人となり設立。活動の中心は子どもの虐待についての電話相談。研修を受けた一般のボランティア(現在の登録者数約80名)が週3回電話を受けています。2000年10月からは虐待問題を抱えている母親女を対象としたグループワーク(セラピー)を週1回開催しています。

こうした虐待問題の専門家の講演会とあって、会場には子育て中の母親ら50人以上が集まりました。鈴木氏は小4と小1のお子さんを持つお父さんでもありました。
「私も子どもを虐待したことがあります。」びっくり
鈴木氏は語り始めました。
上のお子さんが3歳くらいの時、寝かしつけようとしていた夜9時頃急にアイスクリームソフトクリームが食べたいと騒ぎ出したそうです。「今はないから無理」「明日買おうね」といくら母親がなだめても聞き入れません。「今じゃないとイヤ!」と大の字になって暴れだす始末。ギャーギャー騒ぐ子どもに横で聞いていた鈴木氏も、とうとう堪忍袋の尾が切れました。
「今何時だと思ってるんだ!いい加減にしろ!」怒り
子どもはビクッと固まり、すごすごとベッドに入ったそうです。しょんぼりこの日は家に帰ってからも仕事のことで頭が一杯だった鈴木氏。子どもをどなりつけることで「恐怖によるコントロール」という虐待をしたと言うのです。これも虐待の一つの形なんですね。

虐待というとテレビ・新聞で「虐待死」のニュースばかりがクローズアップされ、死に至るまでの経過はなかなか知られてこないんですよね。鈴木氏いわく「虐待は鬼父、鬼母という特殊な人達の問題ではなく、ごく普通の父母であることがわかった」と言うのです。
子育ては24時間365日休みなしに続きます。特に乳幼児期赤ちゃんはまったく子どもから離れられない状況に置かれます。母親というのは「母性愛に満ち溢れいつもニコニコ笑顔で子育てをするもの」という考えがありますが、それは「幻想だ」と鈴木氏は断言します。虐待をする親は冷血と思われがちですが、実はその「幻想」を持っている人が多いとか。それができない自分が嫌になってしまうのです。

「子育ては虐待あり」
虐待なしに子育てをするのは不可能だ、と鈴木氏はおっしゃいます。過激な発言のように聞こえますが、現実の日常の子育てを考えると虐待は普通に起こることなのではないでしょうか?ただ誤解されては困るのは、虐待で子どもを死に至らしめるのはもちろん認められるものではありません。世間では虐待のニュースを聞くと、「どこのどいつが虐待をしているんだ?地域でもっと目を光らせて虐待が起こらないように注意していこう」などと言われますが、鈴木氏いわくそれは逆効果だそうです。「虐待はあってはならないこと」という目で監視されながら子育てをするのは無理があるというのです。もちろん我が子はかわいくて仕方ないものです。ただ時には言うことを聞かない子どもを怒鳴ったり、○○をしないと○○してあげないよなどと脅したりすることもあるでしょう。程度の差こそあれ、子育てに虐待はつきもの、それを大きな事件までに発展させないためにどうしていくかを考えることが大切なのです。
今、子育て真っ最中のお母さん達には「子育ては虐待あり」が前提という考え方はどう思われますでしょうか?

ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その2>に続きます。
<11/18〜11/22のお届け物プレゼント> 18日に自宅に1件、実家に1件、19日に1件、22日に1件の当選品が届きました。

●11/18
1.小岩井乳業・キリントロピカーナ&ヤマザワ共同企画「バランスアップ健康朝食プレゼント」で
「バランスアップ賞・保温ジャー付ランチBOXペアセット」が当たりました。(40名)→(今月19件目の当選)

2.亀田製菓&ヤマザワ共同企画「新潟産新米コシヒカリプレゼントキャンペーン」で
「新潟栃尾市こしひかり5kg」が実家に当たりました。(40名)→(今月20件目の当選)

●11/19
仙台市こども宇宙館より
「宇宙劇場の新番組試写会ペアご招待」の当選はがきが届きました。(100組200名)→(今月21件目の当選)

●11/22
資生堂&全国マツモトキヨシグループ「この秋欲ばりキレイ大作戦キャンペーン」で
「この秋コースのB・東京銀座資生堂パーラーケーキセット」が当たりました。(A・Bコース合計880名)→(今月22件目の当選)

聞き耳を立てる・・・私はこうして当てました。

小岩井の懸賞は、小岩井製品もしくはトロピカーナ商品300円以上含む1000円以上のレシートで応募するものでした。私の行ったヤマザワには小岩井製品は1、2種類しかなくいつも購入するものがきまってしまいます。応募はがきに購入店舗名も記入するのでこの店舗からはきっと応募が少ないのではと勝手に想像しています。対象商品があまり置いていないお店は狙い目かも。保温ジャー付ランチBOXは持っていなかったのでありがたいです。

今年はまだ一件しか当たらなかったお米がようやく実家で当たりました。亀田製菓商品の★印8個以上を一口として応募するものでした。同時期に他のスーパーでレシート応募の懸賞があり両方に応募することができました。どちらかは当たるかなと思っていたので予定通り(?)です。子どもが好きな亀田製品のことなどコメントしました。亀田製菓のロゴが入っているお米なんて初めて見ました。おいしそうです。

宇宙劇場ご招待は、仙台市の市政だよりに小さく載っていた懸賞でした。往復はがきで応募することを考えるとあまり応募は多くないかも知れません。以前も当たっているので当たりやすいのかも。新番組を一足早く見られるのは嬉しいですね。

マツキヨは普段なかなか行けないお店ですが、行けばよくキャンペーンがあるので応募しています。資生堂商品を500円、1500円、5000円以上購入の三つのコースがありましたが、私は当選人数の多い500円コースにチャレンジ。商品のバーコードと専用応募はがきのIDナンバーで応募するものでした。私と夫の名前で2口ずつ応募して1つ当選しました。資生堂パーラーのケーキセットは、ブランデーケーキ、レモンケーキ、チーズケーキ、パンプキンチーズケーキ、アップルチーズケーキと5種類も入っていました。(5000円相当か?)誕生日の前日に届くなんて嬉しいものです。

聞き耳を立てる・・・気になるキャンペーン情報を一つ。

カルピス味の素ダノンでは「ダノン・テディベアキャンペーン」を実施しています。
ダノンヨーグルトについている応募券を3枚一口で応募すると、抽選でAコース・吉川照美作ダノンテディベアが300名、Bコース・オリジナルテディベアボウルが1000名に当たります。
締め切りは2006年2月5日です。
応募先など詳しくは、こちらをご覧下さいませ。
| comments(6) | trackbacks(5) | 子育て期の悩み・トラブル・支援 | あずさ |
 ひとりで抱えていませんか?「子育て」<その1> 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!
はじめまして。
子育てママを応援しているピアルームと申します。
私は東京在住ですが同じように虐待に関する情報発信をしていますので、トラックバックさせて頂きます。
みんなで考えていかなければならない大切な問題ですよね。
| ピアルーム | 2005/11/23 6:19 PM |
残念ながら形式のエラーでトラックバックができないようです…
子育てママのSOSというタイトルで児童虐待に関して01〜03で掲載していますのでお時間があるときがあればご覧になってください。
子育てするママたちがみんな楽しい時間を過ごせることを願っているピアルームです。
| ピアルーム | 2005/11/23 6:31 PM |
しおんさま
温かいメッセージとともにご連絡をくださりありがとうございました。
あずささま
子育てをさまざまな視点で多面的に捉えられた豊かな情報を拝見させて頂き、とても参考になりました。
「児童虐待」を通報義務を求められる社会一般の捉え方をするならば、判断基準として継続性とか行為の背景にあるものが影響してくるのかなと考えていますが、叩く、怒鳴るという行為だけを切り分けて捉えれば、子育てする中で経験しているママの方が圧倒的に多いはずですし、性質の異なるもののように受け止めています。括り方であったり表現であったりその辺りは難しい側面があるようですね。
| ピアルーム | 2005/11/24 11:24 AM |
虐待と言うと、ニュースで取り上げられる事件のようなものを
想像してしまいますが、もっと身近なものなんですね。
私は子育ての経験がないので、偉そうな事は言えませんが
「○○しなきゃ〜してあげない」や「怒鳴って黙らせる」のは
よくあるパターンだと思います。
子育ては、毎日でのことで、休みというものがないので、
親のストレスも関わってくるんでしょうね。
時には怒ることも必要だと思うけど、度合いが問題なんですね。

そして、たくさんの当選、おめでとうです!!
マツキヨは、近くにないので行かないですねぇ(^_^;
ケーキが5種類もなんて、羨ましいです♪

小岩井は、相性がいいのか、ぼちぼち当たってます。
ヤマザワタイアップのものですが…。
ソフトクリームメーカーとかバターとか…。
今回も、ヤマザワ商品券が当選しました!
ヤマザワの商品券は、初当選なので嬉しいです(*^_^*)
| ミルクル | 2005/11/24 4:14 PM |
ビアルームさん、はじめまして。
コメントいただきありがとうございます。

ビアルームさんのブログ拝見させていただきました。子育てママを応援という素敵なサイトですね。
児童虐待シンポジウムに参加なさった記事を大変興味深く読ませていただきました。
>虐待をしているお母さん←鬼母イメージがあるが、現実にはひとり苦しんで誰かに助けてもらいたいと思っているどこにでもいる普通のお母さん

そうなんですよね。私もニュースで見聞きする限りではそんなひどいことをする母親がいるなんて信じられないと常々思っていましたが、講演会を聴いて虐待をするのは特別な母親ではないと気付かされました。今後の記事に書く予定ですが、キャプネットみやぎで行っている虐待をする母親のグループワーク(セラピー)はかなり意義があるのではないかと思っています。
しつけ、虐待、母親の苦悩・・・子育てをする中で避けては通れない問題ですね。


| あずさ | 2005/11/24 11:47 PM |
ミルクルさん、こんばんは。
先日はメールで色々情報を教えていただきありがとうございました!

今回講演会に参加して「子どもを怒鳴る」「脅す」「話をすり替える」ことも虐待の一種だということを知り、子育て真っ最中の私にとって耳が痛かったです。子どもが生まれた時、やさしいお母さんになろうと決心したはずなのに気がつけば最近よく子供達を怒鳴っています。年が近いせいか些細なことでしょっちゅうケンカはするわ、片付けはしないわではじめは穏やかに注意しているものの最後にはNHKの「ママゴリラ」の歌みたいになってます、ハイ。

話はがらっと変わって、ヤマザワ商品券の初当選おめでとうございます!それは小岩井フェアのものですね。私も応募しましたがこの前保温ジャー付ランチBOXが当たったばかりなのでさすがに両方当選はないかな?小岩井の懸賞は、タイアップ先によって微妙に締切日がずれているのでついつい対象商品を買ってしまいますね。すっかり企業の戦略にはまっている私です(笑)。
| あずさ | 2005/11/25 12:09 AM |









http://azusa.jugem.cc/trackback/647
子育てしているママからSOS≪03≫
元気に子育てをしているお母さんがいる一方で、悲しい想いを抱え子育てをしているお母さんも増えている現実があります。子育て中のママたちに、このような現実を共有して頂こうと≪01≫≪02≫に続き「児童虐待シンポジウム」でお話があったもうひとつの事例を紹介し
| 子育てママ応援 | 2005/11/24 10:27 AM |
子育てしているママからSOS≪02≫
元気に子育てをしているお母さんがいる一方で、悲しい想いを抱え子育てをしているお母さんも増えている現実があります。 子育て中のママたちに、このような現実を共有して頂こうと≪01≫に引き続き 「児童虐待シンポジウム」でお話があった事例のひとつを紹介します
| 子育てママ応援 | 2005/11/24 10:30 AM |
子育てしているママからSOS≪01≫
元気に子育てをしているお母さんがいる一方で、悲しい想いを抱え子育てしているお母さんたちも増えている現実があります。 子育てをしている方々に、このような現実があることを共有して頂こうと「児童虐待シンポジウム」に参加したときの記録を紹介させて頂きます。
| 子育てママ応援 | 2005/11/24 10:30 AM |
こども急病電話相談
こんにちは、Aです。 先日行った病院で、「こども急病電話相談」のお知らせを見ました。 これは、千葉県医師会の運営によるもので、受診した方が良いのか、様子をみても大丈夫なのか、看護師や小児科医が電話でアドバイスしてくれるそうです。 ●プッシュ回線の固
| 柏・松戸・東葛エリアのくらし生活情報サイト | 2005/11/25 4:17 PM |
女性とこどもの病院ーShiddartha Children-Women's Hospital
AMDAネパールこども病院の正式名称は、Shiddartha Children-Women's Hospital (SCWH)と決まった。 Shiddartha とは、お釈迦様のご幼名だ。この正式名称に込められた意味には、大きく2つの趣旨がある。 ひとつは、病院がネパールのブトワールという町に造られる
| 日本一変わった脳外科医〜「高麗人参果実搾り・スクイーズ2200」誕生秘話 | 2005/11/30 2:02 PM |
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ