子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< 牧場でのんびりふれあい体験☆  最下位対決は大入り満員♪ >>


HonyaClub.com


仲人なしで進化する結婚式☆

近年、仲人を立てずに結婚式を挙げるカップルが増えてきているそうですが、昨年秋に出席した親戚の結婚式に続き、連休中にもう1件そういった結婚式に参列しました。
場所はホテルモントレ仙台。開業1周年という新しいホテルです。
今回は、まず結婚式の形式に驚かされました。式は神前式。控え室での親族紹介の後、新郎側から18名の名前が呼び出されました。私達夫婦は最後に呼ばれたのですが、子供達の名前はありません。何でも18人分の椅子しかない会場だと言うので、仕方なく子供達はいとこにお願いし、会場に入りました。
ところが、予想に反し会場は意外と広い空間でした。びっくり手前には、長椅子が5×2列、奥にいわゆるひな壇があって、私達は履物を脱いでそこに上がりました。屋内ですが、その部分だけ張り出した造りなのか、ガラス張りの天井からは曇り空曇りがよく見えました。見渡すと、長椅子には名前を呼ばれなかった親族と、友人達が陣取っています。
「ああ、友人も式に参列できるとは、何だか教会式みたいだな」という印象でした。
驚いたのは、新郎新婦の登場のしかた。会場の後ろに障子戸があり、音楽にのって静かに障子が開けられ、新郎新婦が現れました。障子の向こうは和室です。何だか、時代劇でガラッと襖が開けられる場面を思い出してしまいました。楽しい新郎新婦は、そこから階段を下り、赤いバージンロード風のところをひな壇に向かってゆっくり歩いてくるのです。(ほんとに教会式みたい)
つつがなく式は進み、最後に新郎新婦の繁栄を願って「巫女の舞」が披露されました。右手に金色の鈴がたくさんついた鳴り物、左手に幅広の緑色の布を持ち、シャンシャンシャンと2人の巫女が踊ります。(こんなの初めて!)上手い下手はよく分かりませんが、珍しいものを見た気分でした。びっくり

披露宴では、仲人を立てないとまず最初に違うのがご両人の紹介です。二人の生い立ち写真をスクリーンに写し、プロの司会者が紹介する形式でした。一目瞭然という点では、この紹介のしかたはわかりやすいかも知れませんね。昔あったお決まりの「○○くんは、△△大学を優秀な成績で卒業され・・・」のようなセリフは、ちょっと白々しいところもありましたからね。
今回は、手元にもプロフィール紹介の冊子が置かれていて、二人のなれそめや趣味、将来の夢などが詳しく載っていました。

ところで、披露宴のお楽しみといえば、お料理でしょう。フレンチ、和食、中華と多種多様ありますが、今回のは和洋折衷でした。ちょっとメニューを書き上げてみますね。
白身魚の昆布〆菊花合え
カリフラワーのムースに帆立貝の軽いスモークを乗せて
お造り(近海鮪・白牡丹海老・旬のもの)
フレッシュフォアグラのアルマニャック酒風味とそば粉で作ったブリニのミルフィーユ・牛タンと牛テールのマーブル仕立て
旬素材の茶碗蒸し
オマールロブスターのポワレ サフランリゾット添え
海老三色揚げ 扇昆布 青唐
抹茶のグラニテ
牛フィレ肉のパイ包み焼き マデラ酒ソース
鯛入りお赤飯
蛤真丈 副目しめじ 三つ葉
甘酸っぱい木苺のガトーと白玉ぜんざいずんだ風
コーヒー

でした。和と洋が交互に出てくるのは初めて経験しました。きっと年配者と若い人の両方に対応するためのメニューなのでしょうね。おいしいとこ取りって感じでしょうか?楽しい

今回の披露宴で特徴的だったのは、新郎新婦の祖父母全員に花束花が贈られたことです。(※故人以外)前に、お嫁さんが自分のおばあちゃんに花束を贈る姿は何度か見たことがありましたが、祖父母全員というのも新鮮なものです。もう一つの特徴は、2回目のお色直しの時、新婦は新婦の母、新郎は新郎の母がエスコートして退場したところです。こんなの初めてです。見ててちょっとこそばゆい感じもしましたが、自分のお母さんに感謝の気持ちを表す演出だったのでしょうか?楽しい

ついでながら、引き出物もチェックしておきましょう。家族4人で参加して、夫と私にそれぞれ引き出物がありました。
<夫>
・山田平安堂の漆器の長皿
・ちきり清水商店のピュアライフ(かつおパック・ノンオイルドレッシング3種・駿河そぼろ・パセリの種)
・アンテノールのバームクーヘン

<私>
・東北工芸、玉虫塗りのお椀5個セット
・ちきり清水商店のピュアライフ(かつおパック・ノンオイルドレッシング3種・駿河そぼろ・パセリの種)
・アントステラのミニケーキケーキ
同じ家族の場合、漆器とお菓子は重ならないように選んでいるのですね。色々と考える方は大変そう。ショックパセリの種は、入っていた箱に土をいれてまくとパセリを収穫できるというもの。挑戦してみようかしら?

これで仲人を立てない結婚式、披露宴に2件続けて出席しましたが、こういう形に慣れると「仲人って何する人だっけ?」と意味が分からなくなりそうです。このまま仲人なしが定着するようになると、きっと私自身、将来仲人を頼まれることもなくなるんでしょうね。寂しいような、気楽なような・・・。
今は、個性の時代。結婚式や披露宴は、形式にとらわれず自分達らしさを強調したパフォーマンス性の強いものに変わってゆくのかも知れません。
<5/6、7のお届け物プレゼント> 5/6に1件当選通知はがきが届きました。

●明治製菓&ヨークベニマル共同企画で
「Coleman ボトルクーラー」が当たりました。(5名)→(今月3件目の当選)

聞き耳を立てる・・・私はこうして当てました。

明治製菓商品300円分のバーコードを貼り、店内の応募箱に入れるものでした。家にきのこの山のバーコはあったので、フランを一箱購入(168円)。
ボトルクーラー以外には、バーベキューコンロ1名がありましたが、私は最初からボトルクーラー狙い。先日よりテニスを始め、ちょうどペットボトルのドリンクを入れるものを探していたところでした。
コメントでは、そのことと1月に参加した親子バレンタイン教室の写真のお礼を述べました。応募箱系は結構当たりやすいです。
欲しいものがタイムリーで当たると嬉しいですね。

聞き耳を立てる・・・5/7に当選がなかったので、キャンペーン情報を一つ。

●ミツカンでは「バンビ オリジナルおでかけグッズプレゼント」を実施しています。
ミツカンおむすび山かミツカン五目ちらしが対象で、五目ちらしはバーコード1枚、おむすび山は3枚一口で応募します。抽選で5000名にトートバッグ、レジャータオル、ミニクッションの3点セットが当たります。
締め切りは、5/31です。
応募先など詳しくは、こちらをご覧下さいませ。
| comments(2) | trackbacks(0) | 主婦の視点で商品批評 | あずさ |
 仲人なしで進化する結婚式☆ 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!
こんにちはー。
東京近郊では、ほとんどが仲人なしだと思います。
もう90%以上では?

ぐぐってみたけどあまりぱっと見つかりませんでした...
http://www.kakeiken.or.jp/research/graph3.html
ここによれば((財)家計経済研究所1999-2000年データ)、
>仲人への御礼をしたカップルは15.5%で、その多くは仲人をたてなかったと考えてよいでしょうか。

ホテルモントレも綺麗ですよねー。大阪と神戸には泊まったことあります:)。
それと、謎の挙式スタイルですねw  ホテルで神前だからなのでしょうか。たいがい教会式にしてしまうと思うのですが。

料理の和洋折衷は最近はやりというか多いですね。友人だけならともかく親戚や高齢の方がいる場合には洋食だけだと厳しいですもんね。私の結婚式のときも和洋折衷にしました。
料理の組み立てとしてなんだかよくわからない感じを受けるのは確かですがw

というわけでっ。
| nni | 2005/05/10 2:44 PM |
nniさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

うわぁ、もう90%も仲人を立てない形式に変わってきているのですね。驚きです。自分が結婚する時、参考になる本を読んで仲人とのつきあい方を研究したものですが、今は昔ということなんですね。時代も変わりました。

ただデータを見る限りでは、こういう時代でも親の援助を受けて結婚関係の出費はかなりかさんでいるようですね。四人に一人は式を挙げないというのも、結構な割合ですよね。

nniさんは、モントレにも各地でご宿泊なさったことがあるそうですごいですね。ヨーロッパをイメージしたという触れ込み通り、エレベーターも少しレトロっぽかったです。披露宴会場も総板張りでいつもと違う雰囲気でした。

挙式を神前にしたのは、恐らく高齢者が多かったためかと思うのですが、神前と教会式折衷というのはお料理ならともかく、ちょっと不思議な感じでした。いいとこ取りを考えるとそんなスタイルになるのでしょうか?今後どんな結婚式・披露宴がどんなふうに変わっていくのか注目する楽しみが増えました(笑)。
| あずさ | 2005/05/12 1:07 AM |









http://azusa.jugem.cc/trackback/561
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ