子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< アフィリエイト・マーケティング―究極の販売・広告チャネル  ちょっぴし秘密のときは♪ >>


HonyaClub.com


海外ロングステイセミナー

私は3年前から「海外ロングステイを考える会」に参加しています。楽しい大体3ヶ月に一回の例会があり、実際に会員の中でタイのチェンマイでロングステイを実践されている方のお話を聞いたり、その方を窓口にチェンマイ下見ツアー飛行機を実行したり、とかなり具体的になってきています。

今日は、一般の方で海外ロングステイに興味がある方も募集して、いつもより拡大版の会が仙台市シルバーセンターを会場に開かれました。広い研修室に、約40名ほど集まりました。ご夫婦で参加される方も多かったのですが、男性だけでの参加も目立ちました。私ぐらいの年代の人はほとんどおらず、数年後にはロングステイを実践したい、というくらいの方が多かったようです。

まず、会員でもある旅行会社の方から一般的な説明がありました。
<ロングステイの希望先別の特徴から>
1.ヨーロッパの人気国・スペイン、ポルトガル
物価は安いが、日本から遠く、航空運賃が高くつく。ヨーロッパは、世界遺産や美術館が多いので、一ヶ月位滞在して楽しむ方もいる。
2.アメリカ・ハワイ
人気があるが、物価、滞在費が高い。月に2人で30〜40万はかかる。
3.カナダ
東南アジアの人は、入りやすい。夏は快適だが、冬は特に寒いので行く季節を選んだ方がよい。スキー合宿、オーロラを見たい人には冬もおすすめ。
4.人気No.1のオーストラリア
オーストラリアは、土地が広大なので、一箇所に決めるのが大変。物価は日本より安い。航空便は、毎日はないので少々不便。
5.タイ東南アジアで、外国から占領されたことのない唯一の国。ということは、守りに入る必要がないので、貯金をしない→投資しない→物価上がらないのだそう。物価上昇率はマレーシアと並び低い。

また、海外ロングステイを成功させる秘訣も紹介されました。
まず、海外生活は、これまでの暮らしをすべてリセットすることから始まる、というのです。
頼りになるのは、パートナー。意欲や目的を共有することが、海外生活実現の大前提で、新しい環境に適応するための積極性も必要とのこと。
これまでの暮らしをリセットというのは、家で家事を全部奥さんに任せていた人でも、海外でも同じようにしていると、奥さんの不満がたまってしまうので考えた方がよい、のだそうです。(うん、いい考えだ)

炊事、洗濯、掃除の家事から解放されるためには、例えばタイの場合だと、メイドを雇うという手があります。嬉しい
大体一ヶ月10000円から15000円で雇えるそうです。買出しもしてくれるので、安くておいしいものが手に入るとか。こういう日常の雑事から解放される、というのは願ってもないことですよね。

次に、11月に実行されたチェンマイ下見ツアーに参加した方から、現地の最新情報のお話がありました。
<ゴルフ編>ゴルフ
チェンマイ周辺に、5つほどゴルフ場があり、中心部から車で30〜1時間で着く。プレーフィーは1500バーツ。(1バーツは2.8円)。
キャディは、1人に1人ずつつき、6人で1パーティ。だが、1人でも回らせてくれる。キャディフィは、終わってから100〜200バーツ払う。
ティーグランドが5つもあり、老若男女誰でも楽しめるように設計されている。ほとんどフラットだが、ウォーターハザード、バンカーは多い。
お風呂やロッカールームがないので、ゴルフの服装をしていかないとだめ。ゴルフをしているのは、欧米人、華僑、韓国人などが多いそう。

<マッサージ編>
足裏マッサージ、タイ式マッサージ、オイルマッサージの三種類あった。それぞれ一時間あたりの料金は、50バーツ、200バーツ、300バーツ。タイの人は、手を休めることなく丁寧にマッサージしてくれるので是非おすすめとのこと。気持ちよさそうですね。

<クッキングスクール編>
月曜日から金曜日まで、10:00〜15:30にかけてタイ料理を習うコースがある。説明は英語。
プロの料理人を目指す人から、観光で立ち寄った人など様々な欧米人や中国人が参加。
おもしろいのは、1人に一つキッチンが与えられること。はじめに、先生が皆を集めてレクチャーし、実際に作りみんなに試食させる。その味を覚え、一人でキッチンに行き作ってみる、というやり方。一品目ごとにこのレクチャーがなされるので、六品目も作るのは時間もかかる。費用は1000バーツ。

チェンマイは、タイ第二の都市で日本の領事館があるので、いざという時安心だ、というお話もありました。緑も多く、食べ物もおいしくなかなか魅力ある都市のようです。
また、2月と3月にそれぞれ5日間の日程で、チェンマイ下見ツアーを募集するのだそうです。
「百聞は一見にしかず」やはり、いつかは私も参加してみたいものです。嬉しい
<本日のお届け物プレゼント> 今日は、何と3件もお届けがありました。

1.花王より、「オムロン生活習慣改善プログラム健康達人」が届きました。(1500名)→(今月14件目の当選)

2.朝日ウィル新春特別号の読者プレゼントで
「石ノ森漫画館ペア招待券」が当たりました。(ペア3組)→(今月15件目の当選)

3.エステー化学&カワチ薬品「暮らしさわやかキャンペーン」で
「カワチ薬品商品券1000円分」が当たりました。(?)→(今月16件目の当選)

聞き耳を立てる・・・私はこうして当てました。

1.珍しくネット応募での当選です。私は、ネットはメルマガ購読しているところでのキャンペーンくらいしか応募しません。
1500名はそんなに大量当選とは思わなかったのですが、当たりやすかったのでしょうか。私の当選は「減量編」。今の私にピッタリで笑ってしまいました。質問票に答えて回答を送るようになっています。

2.新春特別号では、他のページに大々的なプレゼントコーナーがあり、私が見つけた懸賞は目立たないところにありました。この前、私の名前で当たっているので夫の名前で応募しました。
「子供の頃から漫画が大好きで、石ノ森漫画館も一度足を運んだことがあります。今度のサイボーグ009生誕40周年展、非常に興味があります。」
とコメントしました。

3.いつもは応募はがきを2カ月はキープしておくのですが、最近見つからないことが多いです。ということは、〆切りから2カ月以上たってから景品が届いている、と思われます。エステー化学では、他に3箇所に応募しているのですが、このはがきだけ見つかりません。はがきが出てこないと、どう応募したか思い出せませ〜ん。(泣)
| comments(0) | trackbacks(1) | 海外ロングステイ・語学 | あずさ |
 海外ロングステイセミナー 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!









http://azusa.jugem.cc/trackback/410
ロングステイセミナー
ブログサーフしてたら、ロングステイで発見したので、おもわずトラバッチョ・。・ ロングステイセミナーなるものは、知っていたのですが、参加者の意見等は聞いたことがなかったので、なるほどなるほどと拝見しました。 にしても やっぱチェンマイのがいいのかなぁ
| GoTo→THAILAND→タイに行こう! バンコク&チ... | 2005/01/27 12:31 PM |
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ