子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< メールローン/  耳からだけのあ・い・うー >>


HonyaClub.com


ハラハラどきどきお遊戯会

いつもは朝9時時計の幼稚園パスに送っていくのですが、今日は「クリスマスお遊戯会」のため、7時半にバスが来ることになっていました。7時半と言えば、娘のキティちゃんの目覚ましが「起きてぇ!」と叫び出す時間です。昨晩は、9時に無理やり寝かしつけ(うちでは子供が寝るのが10時回ることも多いのです)、今日に備えました。寝起きの悪い娘は、朝ご飯を半分も食べないうちに出かける時間になってしまいました。しょんぼり

7時半と言うのは、子供のバスの時間で、保護者は8:45まで着けばいいのです。ホールの開場は8時半。毎年言われているのですが、ホールの一列目の席を取ろうと朝6時頃から並んでいる人もいるそうです。びっくり私にはとてもそんな元気はないので、ゆっくり8:35にホールに到着しました。中をのぞいてびっくり、開場して5分しかたっていないというのに、もう7割方、席は埋まっていました

会場内は、ござ席、パイプ椅子席、階段席と分かれていて、どこでも自由に座ることが出来ます。狙いは「パイプ椅子席」、ござ席は短時間ならいいのですが、何せ3時間15分の長丁場です。しかも休憩なしです。椅子席以外は考えられません。幸い、入り口と反対側のパイプ椅子席を確保することができました。嬉しい

娘の通う幼稚園は、以前に書いたようにマンモス幼稚園で年中が44人×6クラス年長が46人×6クラスあります。(ちなみに年少は30人×6クラスですが、お遊戯会は参加せず、普通保育なんです)
あまりに多いので、お遊戯会は2日間に分けて行われています。自分の出番でない日は、お休みです。しかも、クラスも更に日本語グループと英語グループの二つに分かれて、それぞれの演目を披露するのです。結局、一日で12の演目を見ることになります。プログラムを開くと、英語、日本語と交互に歌、オペレッタ、英語劇、器楽合奏、日本舞踊、ミュージカルなど色んなジャンルがあって、見ごたえたっぷりのようです。娘にとっても、私にとっても初めてのお遊戯会。否が応にもどきどきします。嬉しい

そして、キャンドルを手にした天使の歌声でお遊戯会がスタートしました。ここで私は、不意にあることを思い出し、気が気でなくなってしまいました。冷や汗舞台では、白いタイツをはいた子供たちが踊っています。娘は、今日は黒いタイツを履いて来るよう指示されていました。しかし、朝あまりに慌てていたので娘の黒いタイツを引き出しから出すのを忘れたのです。ショック一緒にバス停に行く時、何色のタイツを履いていたのか、それすら記憶にありません。冷や汗
もしかして、黒でなくて白いタイツを履いていったとしたら・・・泣き虫の娘は、自分だけ白いタイツでめそめそ泣いているかも知れません。悲しい後ほど販売されるDVDでも、黒タイツの中に1人だけ白タイツだったらどうしよう?一生記録は残るのです。一旦気になると、誰が舞台に出ていても心は「白タイツ、黒タイツ」とタイツのことしか浮かびません。冷や汗

いよいよ娘のグループの出番です。幕が開き、恐る恐る舞台を見ると、娘は「黒タイツ」を履いていました。「よくやった!」と私は思わず心の中でガッツポーズをしました。嬉しい
娘のグループは、アメリカの子供達に親しまれている歌を歌いながらお遊戯をするものでした。
ちょっぴり緊張しながら、それでも間違わずに歌い踊る子供たちをみて、一ヶ月半の練習でよくここまで覚えたなあ、と感動しました。家で練習する姿は見ていましたが、やはり衣装をつけて全員で楽しく踊るのを見ると、すばらしいの一言に尽きます。楽しい

よく考えて見ると、このお遊戯会は、私が親になって初めて経験する「子供の努力の成果」を見る会だったんですよね。恥ずかしがり屋で、いつも私の後をくっついてばかりいた娘が、堂々と演技する姿を目の当たりにして、この子のおかげで私も徐々に親になっているんだなあ、とジーンと胸にくるものがありました。
<本日のお届け物プレゼント> こんなに連続はないだろうと思ったら、何と今日も1件当選がありました。

●栗山米菓&藤崎スーパー共同企画「星ベソくんバスグッズプレゼント」で
「星ベソくんバスマット」が当たりました。(2名)→(今月13件目の当選)

聞き耳を立てる・・・私はこうして当てました。

栗山米菓のバーコード300円分を一口として、専用応募はがきに貼り店内の応募箱に入れるものでした。娘と息子の名前で二口応募。バスマット2名の他に、バスタオル4名というのもあったのですが何せ当選者数が少ないので、あまり期待はしていませんでした。応募箱をのぞいたら、既に10通くらいは入っていました。
コメントに「以前プレゼントでいただいた星ベソクッションですが、子供たちが大好きでいつも遊んでいます。『星たべよ』のおせんべいは袋ごとに表情が違っていてどれが当たるか楽しみですね」
というようなことを書きました。やはり、子供向け景品には子供の名前が効果アリなのでしょうか。
| comments(2) | trackbacks(0) | 子供とお出かけ | あずさ |
 ハラハラどきどきお遊戯会 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!
あずささん、こんばんわ☆

娘さんのお遊戯会無事終わって良かったですね!

あずささんの「タイツ」の話しを読んで私も長女のときに
「半ズボンの体操服」と決められていたのに
冬なので反射的に長ズボンを履かせてしまい
義母様に届けてもらったことを思いだしました。
そのときは開演に間に合うかドキドキでした。
行事の当日は出かけることに忙しくて何か忘れがちですよね。

黒いタイツで本当に良かったです。やっぱり強運ですね!

子供達が一生懸命に作り上げた作品をみると感激しますよね。
私は長女が年少さんのときは、一年行事のたびに感動しまくってました。特に3月のはや生まれだったので、みんなと同じように
頑張っている姿にいつもじんわり涙がでそうでした。

先日の幼稚園の先生の結婚式はもう終りました?
幹事さん・・ということで、そちらもドキドキですよね。



| ラパコ | 2004/12/12 12:10 AM |
ラパコさん、こんばんは。

ラパコさんも似たような経験をお持ちだったのですね。黒タイツの話では、母親の責任で、子供につらい思いをさせたのではないかと真剣に悩みました。やはり、前日から着るものは準備すべし、と反省しきりでした。

幼稚園に入って、子供も社会性が育ち、ずいぶん成長するものですよね。しみじみ親になってよかったなあ、と感じています。

幼稚園の先生の結婚式ですが、諸事情により延期になりました。プライベートなことなのであまり詳しくは聞けず・・・。今年中にはあると思うのですが。
| あずさ | 2004/12/12 1:32 AM |









http://azusa.jugem.cc/trackback/331
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ