子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< ほくほくのママココオフ会  ライフMasterカード >>


HonyaClub.com


牛肉トレサビリティ法☆

平成16年12月1日より、牛肉トレサビリティ法が施行されたのをご存知でしょうか?
何でも、スーパー等で販売している国産牛肉は、個体識別番号の表示が義務づけられ、PCで検索すれば、その牛の生まれた場所、飼養場所などが簡単に調べられる、というものです。

いわて生協の速報にこんなふうに報じられていました。
 この数年間牛肉はBSE問題や偽装問題、さらには国の対策を悪用した補助金犯罪が相次ぎ、牛肉に対する消費者の信頼は大きく揺らぎました。
 今回の措置は国産牛に限っての措置です。生産者が牛につける「耳標」から始まる一連の生産データが消費者に公開され、自分が食べる牛肉の履歴を確認できることはやはり有意義なことといえるでしょう。今回の国産牛肉トレサビリティのスタートは国内産の牛肉の安全性への信頼向上につながり、外国産牛肉への対抗力を強めることになります。また、地産地消の意義を高めることにもつながります。

早速、牛肉トレサビリティが気になる私は、今晩は「肉じゃが」を作ることにして、牛肉を買いにあるスーパーに行ってきました。見る
売り出しのオーストラリア産牛肉には、何の印もありません。これは、国産牛だけの措置なのですね。
国産牛のパックを良く見ると、左上にスーパーのホームページのURLが書かれたシールが貼ってありました。今まで見たことがないシールです。更に、値札シールのところに、よく見ると電話番号のような10桁の数字が並んでいました。「個体識別番号 0235003616」と表示してあります。これが新しく義務付けられた牛肉トレサビリティなんですね。かなり小さい字なので、高齢者には不親切かも。しょんぼり

家に帰って、スーパーのホームページを開いてみました。さて、どこに検索があるのかな、と探してみるもよく分かりません。「お知らせ」をクリックしても、新潟の地震の義援金話です。「生産者の顔が見える」というところをクリックして、更に「お肉」を開き、そのページの一番下にようやく「生産履歴検索」の文字を見つけました。こちらから、個体認識番号0235003616をコピーして、検索すると見ることができます)

これを見ると、この牛が平成15年3月に北海道で生まれて、翌16年11月にと蓄されたことが分かります。これはこれでよいのですが、自分が今から食べようとする牛肉が、1歳8ヶ月で亡くなった牛と分かるのは、妙にリアルすぎますね。あまり深く考えてしまうと食べれなくなってしまいそうです。悲しい

ただ、思うのは、私のように「じゃあ検索してみよう」と思う人は一体どれくらいいるんでしょうね。今のところ、携帯では出来ず、PCからだけらしいので、わざわざPCを開いて調べる主婦がどれだけいるかな、と疑問です。それに一回調べてしまえば、まあそういうものか、と思って毎回国産牛肉を買う度に調べるなんてしないだろうな、とも思います。

先日、テレビの情報番組で伝えていたのですが、国では、年間1万から2万パックの国産牛肉を抜き打ちでチェックするらしいです。この検索は、抜き打ち検査のためなんじゃないか、と思ったりもします。
今までにも、黒毛和牛と称して販売されていたパックが、実は予想以上に偽装パックが多かったとも報じていました。ブランド和牛は「高いからおいしいだろう」と、奮発して買うこともありますが、今まで消費者を欺いてきたスーパーは、これからはそう簡単には偽装できなくなりそうですね。

まだアメリカのBSE問題も長期化しており、牛丼もいつからアメリカ牛が入ってくるのか、はっきりした見通しはたっていないようです。牛肉トレサビリティ法の施行で、国産牛肉に対する信頼がどれだけ回復していくのでしょうか。主婦として、厳しい目で見つめていきたいと思います。見る
<本日のお届け物プレゼント> 今日は、クロネコで1件、郵便書留で1件当選品が届きました。

1.コカ・コーラ&ヨークベニマル共同企画で
「コカ・コーラ社製 オリジナルスポーツタオル」が当たりました。(150名)→(今月2件目の当選)

2.KINCHO&ツルハグループ共同企画「ゴンα&ゴンゴンキャンペーン」で
「ツルハ賞 JCB商品券2000円分」が届きました。(100名)→(今月3件目の当選)

聞き耳を立てる・・・私はこうして当てました。

1.コカ・コーラ社製品500円以上含むレシートを貼って応募するものでした。キャンペーン期間が二週間と短く、その割りに150名当選と人数は多かったので当たりそうな予感はしました。
「今度テニスを始めようと思っているので、スポーツタオルは何枚あっても嬉しいです」とコメントしました。コカ・コーラさんからは、折りたたみチェア、デイパックとスポーツ系の当選が続き嬉しい限りです。

2.簡単なクイズに答えて応募するものだったので、あまり期待はしていませんでした。他に「ティンクルシリーズセット」が100名に当たる懸賞で、景品は選べなかったのですが、本命の商品券当選です。
「沢口靖子さんが、キンチョーさんのCMで色んな役に挑戦されているのを見て、いつも心の中で応援しています」というようなことをコメントしたと思います。やはりコメントは読まれるのかも。
| comments(0) | trackbacks(3) | 主婦の視点で商品批評 | あずさ |
 牛肉トレサビリティ法☆ 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!









http://azusa.jugem.cc/trackback/313
ヤギ&羊は肉や乳にも感染物質?・オランダで26歳vCJD・ピッシング・新検査
■感染ヤギと羊の場合、肉や乳を通して感染物質が人間の体内に入る可能性、という報道 仏、ヤギやヒツジのBSE検査を強化 (4/19) http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0 >「ヤギや羊では牛に比べ体内の多様な組織に感染物質が広がりやすく、肉や乳を通して人間の
| BSE&食と感染症 つぶやきブログ | 2005/05/13 8:13 PM |
農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」
結局、「危険部位除去」だけでは、BSE対策の要にはなり得ないことがよくわかる記事をUPします。飼料管理がなっていない牛など食べられませんね。20ヶ月以下なら輸入OK、などと適当な回答を作成した「日米実務者会合?」のメンバー個人個人が責任を持って尻拭いをしてい
| BSE&食と感染症 つぶやきブログ | 2005/05/13 8:13 PM |
米国産牛肉の安全性を考えるBLOG RINGを開設しました
米国産牛肉の安全性を考えるBLOG RINGを開設しました。 米国産牛肉の輸入再開を含め、食の安全についてのエントリを書いておられるブログ管理者の方、 このTBをご覧になった方、みなさんのご参加をお待ちしております。 http://10.pro.tok2.com/~mayonaka/blogring
| 真夜中の国語辞典blog版 | 2006/03/12 7:59 PM |
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ