子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< ヤーコンおすすめレシピ  デル株式会社--DELL >>


HonyaClub.com


ウェディング業界の未来

親戚の結婚披露宴に家族4人とも招待され、山形にある某ホテルに行って来ました。5歳の娘子供と3歳の息子子供花束贈呈のお仕事も頼まれていたので、うまくやれるだろうか、最後までぐずらずにいられるか、と不安を抱えての参加でした。冷や汗

以前、「6回目の披露宴記念日☆」のブログで書いたのですが、今どきの仲人を立てない結婚式でした。式は神前式でしたが、仲人がいなければいないで、あまり影響はない印象でした。確か、自分の式の時は、仲人が玉串を捧げる場面があったのですが、それが両家の両親の役割になったぐらいでしょうか。

披露宴について言えば、ご両人の紹介をする役目の仲人がいないので、どうなるのかと思ったら、始めに、大きなスクリーンに新郎新婦の誕生から現在までを紹介するビデオが流れました。ビデオでイメージを湧かせたあとに、新郎新婦が入場、というスタイルでした。ただ、ひな壇の上に仲人が座らないと、お色直しで退席した時など無人になるのでちょっと淋しい感じは受けました。しょんぼり
仲人文化も、こうしてだんだん廃れていってしまうのでしょうか?

披露宴は、私が参加したことがある中では一番招待客が多い披露宴でした。恐らく300人くらいはいたと思います。義姉には、「余興が多く、大体3時間くらいかかる時計から」、と言われていましたが、本当に長かったです。ショック
余興は、7つか8つくらい出たでしょう。(もうあまりに多いので、疲れてよく見れませんでした)大学の友人のグループが、映画仕立てに作ったものもかなり長編でした。職場の友人関係も、部署ごとに出し物があって、出演者が一番盛り上がっていたかも。
子供たちの花束贈呈花は、予定時間から遅れること20分。私と夫が後ろからくっついて行き、練習どおり「おめでとうございます」と言って渡すことが出来ました。やれやれ。嬉しい

たくさんの余興のせいで、披露宴の進行は大幅に遅れたようです。お決まりのキャンドルサービスは、各テーブルを回る時間がないので、メインキャンドルに点火だけにカットされていました。それでも3時間以上かかった披露宴は、今どき珍しいくらい盛大に行われました。もう、地味婚の時代は終わったのでしょうか。それとも、ただ今回が盛大だっただけなのかしら。

そんな思いを抱きながら、宿泊先の旅館に向かう途中、何気なくカーテレビテレビをつけると、目に飛び込んできたのは結婚式の映像でした。ちょうど今参加してきた披露宴にそっくり。まさか、テレビ局が来てたの?と思ったら、これは中国の結婚披露宴のVTRでした。

テレビによると、中国では結婚式を挙げるカップルの数が年間800万組以上で、日本の71万組に対して10倍以上の開きがあるのだそうです。そこに着目した日本のウェディングサービス会社が、迅速な対応が出来るように、と上海のホテル内にお店をオープンさせ、トータルでサポートするようになったとか。

中国では、ホテルで披露宴をするよりレストランでする方が多い、と先日、中国人女性のKさんに聞いていたのですが、中国では、急速にホテルで行うケースが増えているようです。びっくり中国でも若い女性は、かなり新しい情報に敏感だからと結婚情報誌「ゼクシィも中国版を出したそうです。(私も「ゼクシィ」は大変参考にしてました)
ターゲットは、中国の富裕層だということですが、まだまだ急成長を見込めるおいしい仕事、と関係者は語っていました。とうとう、ウェディングサービスも輸出する時代にきているのですね。ハート
<本日のお届け物プレゼント
今日はありませんでした。ただ、某食品メーカーから株主優待の箱詰めが届いたので、当たったような気分です。

聞き耳を立てる・・・当選がなかった日は、キャンペーン情報を一つ。

蠱翅鴫阿任蓮◆嵜べて当てよう 楽しさいっぱいキャンペーン!!」を実施中です。
袋入り中華まん4〜6ヶ入りに付いている応募券1枚(Cコース)か2枚(A・Bコース)を一口として応募はがきか官製はがきで応募します。
抽選で、Aコースは2.3型液晶カラーTVが500名、Bコースはメロディ電波掛け時計が800名、Cコースはニック&アン オリジナル図書カードが2700名に当たります。
締め切りは、第一回目は11/5に済みで、第二回目が12/15です。
応募先など詳しくは、こちらをご覧下さいませ。
| comments(8) | trackbacks(0) | 気になるニュース・記事 | あずさ |
 ウェディング業界の未来 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!
私も土曜は知人の結婚式に行ったので、なんかタイムリーだなぁと思ってコメントします。

仲人ですが、自分の時も含め仲人がいる結婚式に出た記憶がありません。10回かそこらは行っていて、1回くらいはあるのかもしれませんが...。(東京/神奈川エリアです)

それにしても300人で3時間以上ってのは凄いですね。そこまでの披露宴には出たことがないです。

土曜は六本木ヒルズのグランドハイアット東京という、今をときめく最先端の場所だったのですが、さすがと唸らされました。ワインもちゃんとしたもの(全部フランスワイン)がきっちり出てきますし、料理もよいし...(白アスパラスープうまっ・Sauternesのシャーベット好き・鴨うまっ)。サービスの人員も十分、気配りも十分。
披露宴の最後にはビデオで、その直前の式の内容や、披露宴前のゲストの皆さんの様子(手を振らされたw)とかが、ゲストそれぞれ(名前入り)に対しての感謝のメッセージテロップとともに平井堅で流れるという.....。編集早いなぁw 平井堅泣きそうになるので反則w

素晴らしいサービスにも感激しつつ、「これっていったいいくらかかってるの?」という疑問が激しく渦巻きましたw

長文失礼いたしました〜。
| nni | 2004/11/29 3:08 AM |
nniさん、こんばんは。
コメント入れていただきありがとうございます。

nniさんも同じ日に披露宴に列席されていたようですね。私はまだ六本木ヒルズを拝んだことがないのですが、かなりゴージャスな披露宴だった様子がよく分かります。私も、そちらの方に参加してみたかったです!(本音)
フランス料理も本格的で、それだけでも行った甲斐があるという感じでしょうか。

山形は、和食でした。初めて伊勢海老のお造りをいただき、プリプリした触感に感激しました。帰宅して引き出物の多さにまたビックリ。夫婦で、大皿×2箱、かつおぶし、紅茶などのセット×2箱、生菓子箱、バームクーヘンと小菓子セットをいただいて参りました。この他にも親戚から5つ位箱入りのお菓子をいただいて、我が家はお菓子であふれかえっています。
どちらの披露宴も、まるでバブル期並みですね。地味婚はもう死語なのでしょうか?

ところで、nniさんのブログでは、ご自宅を取得される過程を詳しく書かれていらっしゃるのですね。とても詳細に書かれていて、いつか私も参考にさせていただきたいな、と思いました。
| あずさ | 2004/11/29 11:49 PM |
引き出物凄いですね。最近出る式はカタログギフトばっかりです。それはそれでいいんですけどね:)。私に選択権はありませんがw

私が出た披露宴は多分その場所としてはスタンダードなプランだったのではないかと思いますが、もともとのレベルが高すぎ...って感じですね。
あと、当日六本木ヒルズのどこかでヨン様写真展をやっていたようなのですが、「本日の整理券は終了しました」というかんばん持ってる警備のお兄ちゃんにおばちゃん達が絡んでいたのが印象的でした(笑

私のblogの家購入記は、あまりよくない見本かと思います(笑。まぁこういうことはなかなか出ない情報かなぁと思ってざらざら書いてみました。
あずささんのように毎日独自のコンテンツを書かれている方は素晴らしいですし、本当に尊敬します。いつも楽しく読んでいますので無理ない範囲で続けていただけると嬉しいです^^
| nni | 2004/11/30 2:47 AM |
山形あたりでは、引き出物は、かさばるものがありがたみがあるようです。車で行ったからいいようなものの、新幹線で帰る人にとっては、かなりきつい話です。
カタログギフトは、その点持ち帰りは軽くていいですよね。ただ、なかなか欲しいものはないなぁと思います。物が豊富にありすぎるせいでしょうか。

ヨン様フィーバーすごいらしいですね。NHKのニュースでヨン様帰国を報じていたのには驚きました。私は、冬ソナに乗り遅れてしまったのであまり興味はないのですが、熟女の方が少女のようにはしゃいでいる様を見て、すごいパワーを感じました。きっと六本木もそんな雰囲気だったのでしょうね。

nniさんの家購入記は、気になるけどよく分からない家探しのあれこれが克明に記録されているので、きっとたくさんの方の参考になると思います。実体験に勝るものはないですよね。

それと、私のことを「尊敬」なんて言われるのは、とても気恥ずかしいものです。責任感が人一倍強い性格なもので、毎日きちんと書かないと気が済まないのです。つたない私のブログを読んでいただけるだけで幸せです。嬉しい

nniさんのブログのお写真、拝見しました。お坊ちゃまかっこいいですね。1歳か2歳くらいでしょうか。赤いポニーのおもちゃ、うちとおそろいです。

| あずさ | 2004/11/30 10:38 PM |
コメントありがとうございます。
いっぱい当たっていて凄いですよね〜(次エントリー話題なのでスルーしてくださいw) まさに継続は力なりですね。

細かい訂正をw。見えませんがお嬢さま(もうすぐ1歳の誕生日)です。女の子らしくなるのだろうか...。
| nni | 2004/12/01 2:48 AM |
nniさん、こんばんは。
た、大変失礼致しました。お嬢様を男の子に間違えてしまうだなんて!穴があったら入りたい気分です。
昔住んでいた所でも、女の子を「男の子ですか?」と聞いてしまったことがあり、恥ずかしい思いをしました。次からは子供を見たら必ず「女の子ですか?」と聞くように反省したはずだったのですが。
本当に申し訳ありません。そう言えば、ぬいぐるみたくさんなので女の子と思うのが普通ですよね。失礼しました。
| あずさ | 2004/12/01 9:24 PM |
あずささん、お礼が遅くなってすみません。
トラックバックありがとうございました。

私はお仲人をたてない結婚式は一度しかないのですが、最近は本当に減っているみたいですね。

家族みんなで参列するとなると色々と大変ですが、たまには綺麗な格好をしてパーティーにでかけてみたいと思ったりします。ほんと、ふつーの生活をしていると、華やかな場所って披露宴ぐらいしかないんですよねえ。(すみません、同意を求めてしまいました)
| Kako | 2004/12/01 11:56 PM |
kakoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

以前、kakoさんが「仲人さんを立てない結婚式、どんな様子だったか教えてもらえれば・・・」とコメントをいただいていたので早速TBしましたが、自分のコメントを入れなかったので失礼してしまった、と思っていたところです。
後から気付いたのですが、ココログではTBしても、元のkakoさんの記事に飛ぶわけではないのですね。だから、TBとコメントの両方入れないと中途半端になってしまうんですよね。以後気をつけます。

仲人さんがいない結婚式が普通になってくると、今後自分が仲人をする機会もないかも知れない、ということですよね。特にやりたいわけではありませんが、仲人の役割というのも一度くらいは経験してみたかったなあ、と思います。

久々の披露宴は、確かに非日常の異空間でした。頭の先から足の先までおしゃれに気を遣う、というのも披露宴くらいしかありません。おしゃれはボケ防止にもつながるとか。まだ早いですが・・・。

| あずさ | 2004/12/02 9:27 PM |









http://azusa.jugem.cc/trackback/303
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ