子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< るるぶBookWeb  低価格メール配信サービス「melmaga」 >>


HonyaClub.com


おすすめ子連れ海外旅行本

図書館で、ある一冊の本読書が目に留まりました。見る
本のタイトルは「1歳からの子連れ辺境旅行」(知恵の森文庫)です。
1歳からという言葉にまず驚き、さらに辺境旅行という訳ありげな言葉に
引かれてしまいました。

家に帰ってから気付いたのですが、この本の筆者、井原三津子さん
名前はどこかで聞いた覚えがある、と思ったら、朝日新聞の
「暮らしの風」で毎月「旅のいざない」というエッセイを書かれている

方だったのです。私は、このコーナーをとても楽しみにしています。嬉しい
あまりメジャーではない国が、素敵な写真とエッセイで紹介されていて
「ああ、いつかこの国に行って、この風景を自分の目で確かめたい。」と
何度思ったことか。

そんな憧れの井原さんの本と知って、ますます興味津々です。
井原さんご夫妻は、現在海外旅行の会社を経営していて、とりわけ辺境の地を
得意とする会社だそうです。井原さんは、既に世界142カ国、ご主人は
それ以上の数の国を旅してきた旅のマニアです。そんなお二人に、結婚10年目に
して、思いがけず子供が出来たのです。はじめのうちは、ご実家に預けたりして
旅行してきましたが、長期の不在に、ご高齢のご両親がとうとう音をあげられて
しまいました。色々思案の結果、リゾートなら何とか連れて行けるか、
ということでタイの秘境、リゾート・クラビに1歳の時に連れて行ったのが
辺境旅行のスタートだそうです。

なるほど、ご両親の仕事の関係で辺境旅行をしているわけなんですね。
この彩乃ちゃんは、現在7歳で渡航歴29回、行った国は45カ国にのぼるそうです。
私も自分の渡航歴を数えてみました。30代ですが、渡航歴6回、行った国12カ国と全然比較になりません〜。悲しい

この本で何がおもしろいか、と言うと子連れ旅行ワンポイントアドバイス
随所に書かれていて、大変ためになります。
例えば、1歳児連れの場合は、リゾートでの滞在型がおすすめで、ホテルは最低バスタブのある4ツ星以上のレベルがよいなど。安全で衛生的な食事ができて、いざという時にちゃんとしたドクターにかかれるかもポイントとか。
女性の視点で書かれているので、赤ちゃんの持ち物が細かく書かれているのが嬉しいですね。

うちはまだ子連れで海外旅行はしたことがないのですが、この本を読んでいると
何だかどこにでも行けそうな気がしてきました。グアム、サイパン、ハワイなど
メジャーな場所はまったく出てこないのが、逆に魅力になっています。
近場のアジアあたり、だんだん計画してみたくなってきました。飛行機
<本日のお届け物プレゼント
今日はありませんでした。

聞き耳を立てる・・・当選がない日は、キャンペーン情報を一つ。

ネスカフェでは、毎年恒例「甘いひとときプレゼント」を実施しています。
エクセラ、ゴールドブレンドなどラベルや外箱についているポイントマークを
合計60点以上を一口として応募します。抽選で10000名に帝国ホテルの
特製ケーキが年4回届けられます。
締め切りは、12/15です。
私も毎年応募はしているのですが、いつもふられています。今年こそ!
詳しくは、こちらをご覧下さいませ。
| comments(0) | trackbacks(0) | おすすめの本 | あずさ |
 おすすめ子連れ海外旅行本 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!









http://azusa.jugem.cc/trackback/182
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ