子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< 雨の日おすすめ子供の遊び  便利でお得な洗濯用洗剤 >>


HonyaClub.com


パスポート盗難事件

今回から、新しいカテゴリーとして、私の20代の時の
海外生活について、未だ記憶に残る出来事を時々綴って
みよう、と思っています。

初めての海外は、大学二年生の時のスペイン留学でした。
8ヶ月間、大学から派遣され、その間2ヶ月の休暇を利用し、
一人でヨーロッパを一周しました。
女の子の一人旅だったので、まぁ色んな危ないことがありました。
時々、思い出すとよく日本に帰れたなあ、と思うことも。

第一回目の今日は、パスポート盗難事件です。冷や汗
海外において、命の次に大切とも言われるパスポート。
ちょっとした油断が招いた悲劇でした。

2ヶ月間のヨーロッパ一周は、スペインのバジャドリッドを
出発し、フランス、イタリア、ギリシャ、オーストリア、スイス、
ドイツ、ベルギー、イギリスを自分で計画をたてて回る旅でした。
田舎出身の私ですが、好奇心旺盛なので、一人で旅行することは
まったく寂しいとか思わなかったんです。
むしろ、贅沢旅行は出来ないけど、2ヶ月間も自由に旅行する
機会なんて、一生のうちでももう二度と出来ないんじゃないか、
くらいに思って、とても意気込んでいました。

2ヶ月の旅行の最後だけは、ちょっと贅沢をして三ツ星ホテルに
泊まってみたいな、と思った私は、イギリスから航路スペインに渡り、
まだ見ぬ、コスタデルソルへと移動しました。

コスタデルソルは、「太陽海岸」と日本語訳されているように、
スペインの南にある美しい海岸で、リゾート客が多く訪れるところです。
浜辺は、日本の海水浴の光景とはやや違い、子供があまりおらず、
老若男女思い思いに日光浴をしたり、おしゃべり、楽器で楽しむ様子が
見られました。

私は、一人なので、よほど用心しないと、と思っていたのですが、
キラキラと輝く美しい海を見ていて、ちょっとだけ海につかってみたい、と
いう衝動にかられました。
私の頭の中には、マドンナの「La isla bonita ラ・イスラ・ボニータ」の
曲が流れ、こんな美しい景色をながめられるシアワセにひたっていました。嬉しい
近くに、欧米人らしき女性が私のように一人でいて、その人も
私と同じことを思ったか、海にちょっとつかって戻ってきました。
別に、女性の荷物に変化はありません。
「ちょっとくらいなら、大丈夫かな?」
私は、荷物をまとめて、急いで海に行きました。
その間、約3分くらいでしょうか。

戻ってみると、大きな袋にまとめて置いていた荷物が散乱しています。びっくり
まるで、誰かが故意に蹴飛ばしたかのようです。
中味を調べると、買ったばかりのショルダーバッグがそっくりなくなって
いました。中には、パスポート、財布、航空券、長距離バスのチケット、
トラベラーズチェック、腕時計など貴重品が入っていました。

「やられてしまった!!!」
あたりをキョロキョロ見回すも、逃げ去る犯人の姿さえ分かりませんでした。
思わず、すぐ近くにいた人達に、誰か怪しい人がここに来なかったか、
バッグを持って逃げた人はいなかったか、次々に聞きまくりました。
が、皆な気の毒そうな顔をして、首を横に振るだけでした。

「ああ、もう私は日本に帰れないかも知れない!
誰も知らない土地で、どうやって生きていったらいいの?」

と、途方にくれてしまいました。

すると、ある人が、むこうにパトカーが見えるから行ってみたら、と
アドバイスしてくれました。
警察官に、バッグを盗まれた話をすると、
「では、バスで警察に行きなさい。」
と言うのです。しかし、手持ちのお金すべて盗られて一文無しだと訴えると、
「じゃあ、パトカーに乗りなさい。」
と親切にもパトカーで警察に連れて行かれることに・・・。
私は、水着のままパトカーに乗り込みました。
(さすがに、このままではまずいので動く車の中で、服を重ねました)

警察では、取調室で被害届けを書きました。
こっちは、もう気が気でないのですが、何せのんきなスペイン人のこと、
「おぉ、セイコーの時計!見て、私の時計もセイコーだよ」
などと冗談を言ったり、どうすればいいか相談すると、
「電車に乗って、自分の身の上話をすれば、みんな同情して寄付して
くれると思うよ」
なんて、ありがたいアドバイスをいただきました。
(時々、スペインで列車に乗ると、こういう場面に遭遇します。
でも、まさかこの私がやれるわけがない。)

警察を出て、チェックアウトしたホテルに行きました。
フロントで、ボストンバッグを預かってもらっていたのです。
そのバッグの底に、5000ペセタ(当時日本円で5000円くらい)のお札を一枚
しのばせていました。お金
この5000円で、どうやったらマドリッドにある日本大使館まで行けるのか、
真剣に考えました。
この金額では、特急にも乗れません。
やはり、失った長距離バスバスの切符とグラナダからマドリッドまでの航空券飛行機
何とか再発行してもらうしか道はない、と判断しました。

予定では、まずグラナダ行きの長距離バスに乗って、有名なアランブラ宮殿を
見学しようと思っていました。
バスの窓口に、被害届けの用紙を見せて交渉したのですが、
なかなかウン、とは言ってくれません。
そりゃあ、そうですよね。
もう一度、買い直すよう言われたのですが、ここで2000円ちかくの切符を
買っていては、マドリッドまで行くのは不可能です。
「絶対、私の分の座席が空くんだから!」
と粘り、最後に何と切符の再発行をしてくれたのです。嬉しい
(こんな時、アバウトなスペイン人って助かります。
日本じゃ、杓子定規に断られるだけでしょうね。)

飛行機は、翌日の午後の便を予約していました。
グラナダに着くと、まずはイベリア航空のオフィスに直行しました。
事情を話すと、やはり再発行は無理、とのこと。
でも、ここで諦めては人生終わりです。
3時間置きに、イベリア航空のオフィスに足を運びました。
その日は、結局埒が明かず、翌日また朝からしつこく交渉に向かいました。
もう、アランブラ宮殿なんかどうでもよくなっていました。
(一応、見に行ったのですが、あまり記憶にありません。それより航空券でした)

もう5回以上、イベリアに行ったでしょうか?
搭乗の時間も迫ってきていました。
パスポートがないので、私の身分を証明する書類が何もないのが難点でした。
でも、絶対にこの名前で予約が入っているのだから、と粘りに粘ると
「じゃあ、すぐに空港に行きなさい。さあ、すぐにあのバスに乗って!」
何と、航空券を再発行してくれたのです。
やはり、スペイン人ってありがたい!嬉しい

こうして、無事、機上の人となることが出来た私は、周りを見渡して
驚きました。
小さな航空機には、日本人ツアーのお客様がたくさん乗っていたのです。
思わず、
「お金貸してもらえませんか?」
と、日本語で声をかけたくなりました。(もちろん、やめましたが)
悲喜こもごもの思いを乗せて、マドリッドの地に降り立ったのでした。

もうマドリッドまでくれば、何とかなるだろうと思っていました。
パスポートは、2週間後に再発行されました。
あの時のパスポート写真は、泣きそうな顔で写っています。
言葉が通じるスペインで盗まれたことが、不幸中の幸いでした。

「油断大敵」
あの事件をきっかけに、それ以後は絶対荷物から離れてはいけない、と
肝に銘じました。
<本日のお届け物プレゼント
今日はありませんでした。最近、お米が当たるキャンペーン多いですよね。
ここでも紹介したいのですが、地元スーパーとの共同企画ばかりです。
興味ある方は、お近くのスーパーをのぞいて、懸賞ハガキを探されては
いかがでしょうか。

聞き耳を立てる・・・当選がない日は、キャンペーン情報を一つ。

パスコでは、「目の覚めるようなトースタープレゼント供廚
実施しています。
超熟食パン、超熟ロールなどについている応募シールを5枚一口で
応募します。
カラフルな6色のトースターが、抽選で10000名に当たります。
締め切りは、11/30です。
応募先など、詳しくはこちらをご覧下さいませ。
| comments(3) | trackbacks(0) | 20代の海外生活 | あずさ |
 パスポート盗難事件 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!
あずささん、こんにちは♪

今気づいたのですが、リンクに入れて頂きありがとうございます。8月から始めたばかりで、私の日常生活を書いているだけのものなので恐縮です。よくわからないことばかりなのですが、私も追加させて頂きます☆

あずささん、いろんな経験をお持ちですね。無事帰ってくることができて、ホントに良かったです。その時は必死の行動だったと思いますが、すごい人生経験になったことでしょう。

ところで懸賞って当たるものですね。昨日、ドラックストアーで
私も共同企画のハガキGETしてきましたよ。当選したらまた、報告させて頂きます♪
| ラパコ | 2004/09/06 1:28 PM |
ラパコさん、こんにちは。
コメントいただき、ありがとうございました。

初めての試みで、私の海外生活エピソードを書いてみましたが、長文になりすぎて読んでいただけるか心配でした。
この旅で、少々のことではくじけない根性が見につきました。(笑)

ラパコさんは、三人のかわいい女の子達のお母さんなんですよね。私よりベテランママさんなので、日常の出来事も
「へぇー、そんなことがあるんだ」と楽しく読ませてもらってます。
リストに追加していただけるそうで、本当に嬉しいです。

懸賞、一緒に頑張りましょう!
当選のお知らせ、楽しみに待っています。
| あずさ | 2004/09/06 9:12 PM |
あずささん、コメントありがとうございます!

コメントのお返事書こうと思ったら、「楽天のアクセスが集中にて書き込みができません」がでてつながりません(泣)

パスポート盗難事件、ドキドキしながら読んでました。「これから、どうなるんだろう」って。

全然ベテランママでは、ないのですよ。中学の友人にも短大時代の友人にも「子育てしているなんて信じられない」とか子ども三人を目にしても「借り物ののようだ」と不思議がられます(笑)

あずささんの情報発信楽しみにしてます!
| ラパコ | 2004/09/06 10:32 PM |









http://azusa.jugem.cc/trackback/142
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ