子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< 郵便回収時刻に涙  エステー化学「赤毛のアン」ミュージカル >>


HonyaClub.com


専業主婦からの解放

今日、私の実家から戻って来ました。車
年に数回、自分の実家に行ってますが、いつも出かける前は
「実家では、何か母の喜ぶことをしてあげよう。」
と決意して家を出るのですが、どうも実家に到着すると同時に
自分が、専業主婦から娘に変身してしまうのです。

今回の滞在を振り返ってみても、やはり同じで、親孝行するはずが
かえって、お騒がせだけして帰ってきたみたいなものでした。
特に、家事に関しては、母は、日頃私の子育てのぼやきを聞いているので
「実家に帰った時くらいは、少し休ませてあげたい」
と思ってくれていて、つい私もその温かい親心に甘えてしまいました。
しばしの、専業主婦からの解放でした。

専業主婦って響きは、
「家事は何でもまかせてちょうだい」
という印象を、独身の頃は抱いていました。
でも、いざ自分が専業主婦になってみると、何だか出来ないこと、不得手な
ことが多くあって、いつも自己嫌悪になってしまいます。
家事全般が出来て当たり前、出来なければ努力して出来るように
ならなければいけない、というプレッシャーが常にあります。

例えば、お裁縫。
高校の家庭科以来、ミシンもかけたことがない私は、昨年長女が入園するに
あたって、幼稚園のスモック、絵本袋、お弁当袋など、どう考えても
出来そうもない課題を突きつけられ、かなり悩みました。
今更ながらミシンを習うべきか、誰かに頼んで作ってもらうか・・・。
もちろん、愛情こもった母の手作りが一番いいに決まっています。
でも、それが不細工で、とても持ち歩きたくないものになってしまったら、と
思うとそれもかわいそう。
結局、あるお店に一式発注したのですが、生地代が3000円位なのに、
工賃が5000円ほどかかってしまいました。
これって、やはり専業主婦なら自分でやるべきことなのかなあ、と今でも
ため息をついてしまいます。

あとは、子育て。赤ちゃん
今現在、5歳の娘と3歳の息子がおりますが、自分では子育てがあまり得意とは
思いません。
でも、ある時、舅に
「あなたは、子育てが仕事なんだから(しっかりやりなさい)」
と言われ、その時初めて、専業主婦で子供を産んだ者は、子育てが自分の仕事に
なってしまうのか、とショックを受けました。
「私の仕事は子育て」
「子育ては私の仕事」
いくら言葉をひっくり返してみても、どうしてもすんなり受け入れることが
できない私です。

どちらかと言うと、子育ては社会全体でするもの、と思いたいのです。
子育てを、母親一人で抱え込んでしまうのは、ある意味危険なのではないか、と
思います。
核家族が増えた今、子育てに悩む母親は多いのではないでしょうか。
かく言う私も、時々、孤独と闘いながら子育てをしている気分になる時があります。
国の子育て支援も、今までは働く母親中心に進められていた感がありました。
最近、やっと少し専業主婦の子育てにも、目を向けているようですが、
まだまだ発展途上かな、と思っています。
現在、NHKの連続ドラマ「天花」では、そういった問題も取り上げられていて
私は「そう、そう」とうなずきながら見ています。テレビ

専業主婦という既成概念にこだわらずに、新しいスタイルを自分なりに
切り開いていけたらいいな、と思っています。


<本日のお届け物プレゼント
今日もありませんでした。

聞き耳を立てる・・・当選がなかった日は、懸賞情報を一つ。

岩下食品では、「岩下のピリ辛・らっきょうくんプレゼント」を
実施しています。
対象商品のバーコード1枚1口で、Aコース「らっきょうくんビーズクッション」が
5000名、Bコース「らっきょうくんストラップ」も5000名に当たります。
〆切は、9/30です。
同時に、クイズで100万円の金のらっきょうくんが当たるキャンペーンも
やっています。
詳しくは、こちらをご覧下さいませ。


| comments(2) | trackbacks(0) | 専業主婦のメリットデメリット | あずさ |
 専業主婦からの解放 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!
はじめまして♪

そっかぁ、専業主婦は「育児が仕事。」・・・。
今、私は求職活動中の身で、ある意味専業主婦ですが、
「育児」のことは真剣に考えたことがないので、
全くだめママのようです。

離婚して、一人で子供を育てていますが、
まわりからみれば、「大変ね、えらいわ〜。」と言われることもあるけれど、どの家庭もどの親子も、それぞれの子育てがあるから、どれが正しくってどれが理想的なのかも???ですね。

ただ、子育てと言うよりも大事なことは、
「子供はしっかり見てる。」ということのような気がします。
一番長い時間関わっている人の、言葉使い、行動、思いやり、そんな面では、「社会で育てる」ということよりもやはり、「おかあさん」や家族から得る気がしてなりませんね。

私も頑張らなければ!と日々、思っているのですが・・・。
正直なところ、う〜〜ん子育ては親育てですね。
| 真理子ママ | 2004/08/17 11:01 PM |
真理子ママさん、コメントありがとうございます。
お一人で、お子さんを育てていらっしゃるんですね。
きっと、お子さんにはいつも優しいお母さんとして
接してられるのでしょうね。
私なんて、自分の気分次第で接し方が変わってしまうので
まだまだ未熟者です。
子育てが楽しい世の中になっていったらいいな、と
思います。
| あずさ | 2004/08/18 1:49 AM |









http://azusa.jugem.cc/trackback/117
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ