子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


| | | | |
<< 5か月遅れのベターホーム♪  Q・B・Bチーズを使ったお料理教室♪ >>


HonyaClub.com


カードゲームで災害対応を考える☆

 9月1日は防災の日。各地で防災訓練が行われたり、スーパーでは防災グッズコーナーが設けられたりしています。例年のことながら、今年は特に震災後ということもあり違った感覚でとらえる方も多いのではないでしょうか?
この後の記事は、実は6月に参加した防災クラブの様子です。その時に書いていたものですがなかなかアップ出来ずにいました。防災の日ということで本日アップすることにしました。

 

「地域の防災クラブに参加しませんか?カードゲームをします」
という募集案内があり、カードゲームと防災がどう結び付くんだろうと興味本位で
参加してみました。

参加者は地域に住む主婦ら約30名。
最初に消防署の方から、3/11の東日本大震災と4/7の余震を振り返ってのお話がありました。仙台市だけで、建物被害は全壊が12,425棟、大規模半壊が4,903棟、半壊が10,734棟もあったと知り驚きました。人的被害もさることながら、建物被害も予想外に多かったんですね。そう言えば、私の身近なところでも住めなくなった人が何人もいます。

消防署は、震災直後から緊急要請の電話が鳴りっぱなしだったそうです。とてもすべてに対応できるものではなく、こうした意味からも地域の防災クラブの重要性を強調されていました。すべてを消防、警察に頼るのではなく、「自助」(自分、家族の安全確認、救助)、「共助」(町内会単位から小学校区での地域コミュニティの醸成)がとても大事だと学びました。
今回の震災では、ライフラインが途絶したことにより情報が乏しく、周りの方との口コミ情報をもとに行動することも多かったです。

そんなお話を聞いたあとで、メインのカードゲームタイムです。
名称は、災害対応カードゲーム「クロスロード」
クロスロードとは、英語で岐路、分かれ道のこと。いざ災害が起こった時、あなたはどう行動するかというのを様々なシチュエーションで「イエス」か「ノー」で答えるというもの。
今回は7人でグループを作って行いました。
まるで救急箱を大きくしたようなケースに、トランプのようなカードたくさんと、5センチ四方くらいのサイズの青座布団、金座布団が入っていました。(なんだかかわいい)
まず、全員一枚ずつ「イエス」「ノー」の札をもらい裏にして自分の前に置きます。
読み札には「一般市民編」「神戸編」など種類があります。今回は「一般市民編」の束を使いました。

一人が、読み札から好きなものを選んで一枚読み上げます。
例えば、
「あなたは受験生を持つ母親。災害が起き、受験生の息子は一か月以上ボランティアとして働いています。成績が芳しくない息子がこのままボランティアを続けていては受験に失敗するのではないか、と心配です。このままボランティアを続けさせますか?」
という設問。
みんな「イエス」か「ノー」の札を裏にしたまま自分の前に置きます。それを一斉に開いて、多数派になった方が青座布団を1枚もらえます。みんなが同じだった場合は、誰も座布団はもらえません。一人だけ別の意見だった場合は、一人だけ金座布団がもらえます。
その後で、私はこう思うから「イエス」にした、やっぱり「ノー」だと思うなど話し合いが始まります。
この受験生のケースでは、止めさせるという人が一人いました。(金座布団もらえました)実際に受験生のお母さんだそうで、浪人生だからボランティアは行かせなかったということでした。ちなみにもう一人大学生の息子さんがいて、そちらはボランティアに行かせたとのこと。

また別の設問では、
「あなたは主婦。お風呂の水は災害の時に大事だと聞きますが、貯めておくとお風呂の汚れも落ちにくくなるし、飲み水にも出来ないので貯めておく必要はないと思う」
というケース。
これも賛否両論ありました。今回の震災で、お風呂の水はトイレ用として非常に役立ったと感じた私は「ノー」。
家族が多いのでちょっと水を貯めてても意味なかったという人は「イエス」。中にはトイレは庭に穴を掘り、段ボールの囲いをして済ませてたから水はいらなかったという人も!

この災害対応ゲーム、昨年までなら想像だけで「イエス」「ノー」を出したのでしょうけれども、今回は3/11の大震災の後だっただけに皆、議論が白熱しました。
「会社を優先させるか、家族を優先させるか?」
「避難所から出ると医者にかかりにくくなるから、多少具合が悪くても避難所を出ない」などなどゲームに予定された一時間はあっという間に過ぎました。
地域の主婦の集まりといっても、ほとんど初対面の方ばかり。年齢層も上の方が多く、なるほどそんな考えもあるんだ、とカードをもとに色々考えさせられました。
クロスロードゲームは正解のないゲーム。
青座布団が9枚も貯まった私ですが、多数派に混じることが多かったようです。ケースバイケースで災害を日ごろから考えることは大事ですよね。
私も今回初めてこのゲームのことを知りました。最初は「災害のゲームなんて不謹慎じゃないの?」と思ったのですが、カードを通して災害について敷居を低くして考える良いきっかけになりました。もっとこのゲームの知名度が高まればいいのに、と感じています。

 <6/1〜16のお届け物
3か月も前の記録ですが・・・。6/4に3件、2、10、15、16日に1件ずつの当選品がありました。

●6/2
日本生活協同組合連合会「くらしと商品に関するアンケート」で
「図書カード(500円分)」が当たりました。(400名)→(6月1件目の当選)

●6/4
1.2.東洋水産&ヤマザワ共同企画「マルちゃんがんばれ受験生キャンペーン」で
「Wチャンス・携帯型風邪指標計」が自宅と実家に当たりました。(200名)→(6月2、3件目の当選)

3.岩塚製菓&カワチ薬品共同企画「美味新潟プレゼント!!」で
「契約栽培米コシヒカリ2kg」が当たりました。(合計200名)→(6月4件目の当選)

●6/10
大日本除虫菊&ダルマ薬局共同企画「衣類&収納空間トータルケアキャンペーン」で
「ダルマ賞・ダルマ商品券1000円分」が当たりました。(50名)→(6月5件目の当選)

●6/15
アスパラクラブ「ベガルタ仙台チケットプレゼント」で
「ベガルタ仙台VS清水エスパルス」のペアご招待券が当たりました。(当選人数不明)→(6月6件目の当選)

●6/16
森永乳業「ビヒダス7日間トライキャンペーン」で
「ビヒダス4ポット×2パック+イチロークリアファイル」が当たりました。(5000名)→(6月7件目の当選)

・・・私はこうして当てました。

図書カード(500円分)は、節電に関するアンケートにネットで答えて抽選で当たったものです。今年モニターにはなっているのですが、アンケートに答えた中から抽選があり当たれば図書カードがもらえます。アンケートがきてすぐに応募しました。

携帯型風邪指標計は、東洋水産のカップ麺など対象商品のバーコードを2枚一口として応募するものでした。2口応募して2口ともWチャンスになりました。風邪のひきやすさを手軽にチェックできるという代物ですが、以前当たった熱中症計とそっくりな感じが。面白いですね。

契約栽培米コシヒカリ2kgは、岩塚製菓商品を含むカワチ薬品の買い物2000円以上のレシートを一口として応募するものでした。味しらべを入れて一口応募。2/28の〆切りでした。てっきりはずれたと思っていたところだったので余計に嬉しかったです。

ダルマ商品券1000円分は、KINCHO防虫剤商品のバーコードを1枚一口として応募するものでした。忘れもしない、この応募ハガキは震災2日後、混乱した店内で発見しました。こんな時にハガキをゲットしなくても・・・という気持ちと5/31の〆切りだからそのうち買い物できるようになったら買おうという気持ちでもらいました。その後店が通常営業になってから虫コナーズを購入し一口応募。ありがたい当選です。

ベガルタ仙台VS清水エスパルスのペアご招待券は、ネットで3/7に応募したものでした。3/13の応募〆切りだったはずですが、とてもそんな状況ではなかったと思います。試合自体も4/3のはずが7/13に変更になったとの手紙が添えられていました。チケットはそのまま4/3の日付の物で有効とのことでしたが、チケットを見るにつけ震災のことを思い出し、何とか試合ができるようになった復旧の一歩を感じました。試合は0-0でしたが、選手の頑張りに目頭が熱くなる思いでした。

ビヒダス4ポット×2パック+イチロークリアファイルは、ネットで応募したものです。Beauty Action会員に登録すると同時にキャンペーンに応募完了になるということでした。第1回目と2回目があり、私は6/5〆の第1回目に当選したようです。各回5000名の大量当選がよかったかな。おいしくいただきました。

・・・気になるキャンペーン情報を一つ。

永谷園では「親子茶碗プレゼントキャンペーン」を実施しています。永谷園のお茶づけ商品全品が対象で、そのバーコードを2枚一口として応募すると、抽選で各回2500名合計5000名に親子茶碗3個セットが当たります。
締め切りは、第1回目は10月17日到着分有効、第2回目は11月30日当日消印有効です。応募先など詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 東日本大震災 | あずさ |
 カードゲームで災害対応を考える☆ 


HonyaClub.com


スポンサーサイト

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!









http://azusa.jugem.cc/trackback/1018
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ