子育て期の楽しみ方と子育て後のライフスタイルを考えてます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おしらせ
ちょっと気になる?
最近の記事
人気のあった記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
バックナンバー
プロフィール
サイト内検索
その他

HonyaClub.com


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
 スポンサーサイト 


HonyaClub.com


ボジョレーでフレンチ☆そして"花は咲く"

 「花は 花は 花は咲く・・・
山形から仙台に向かう高速バスの中でリフレインされるこのフレーズ。ついさっき会場が一体となって歌った"花は咲く"。NHK東日本大震災プロジェクトの復興支援ソングとしてご存知の方も多いことでしょう。岩手、宮城、福島の被災3県出身、またはゆかりの歌手、俳優、タレント、スポーツ選手など34組が一輪の花を手に心を込めて歌う姿はとても印象的です。その曲を、ヤマザワレディースサロンの最後にさとう宗幸さんらと共に450名のレディが大合唱してきました。

ヤマザワレディースサロンは、今年で25回を数える長寿イベント。フランス料理を味わい、コンサートを楽しむという女性だけの企画。山形県内各地はもとより仙台からも皆ちょっとおしゃれをして集まってきています。私も第18回の時に初当選して、今回が6回目。スーパーのヤマザワと国分(株)が主催で、31社のメーカーが協賛しています。今年は250名の招待に2300通の応募があったとか。他に200名の関係者(もちろんすべて女性)席があり、会場のパレスグランデールは華やかな雰囲気に包まれていました。

「どちらからですか?」
同じテーブルを囲む方と挨拶をかわしていると、グラスにはボジョレーヌーボーが注がれました。(嬉しい♪実は、今年のボジョレーはこれが初めて。毎年あったボジョレーが当たる懸賞が今年は見当たらなかったんですよね。)
総料理長からお料理の紹介があり、いよいよお食事がスタート。
オードブル・・・水牛のモッツァレラチーズとカプレーゼのサラダ プロシュートと共に
スープ・・・南瓜とほうれん草のクリームスープ
魚料理・・・帆立貝柱・海老・スズキの三種盛り合せ サフランバターのバルサミコ酢の2色ソース
肉料理・・・牛ヒレ肉のソテー飾り野菜添え マディラソース
サラダ・・・メランジェのサラダ
デザート・・・2色のモンブランタルト
パン、コーヒー とランチにしては贅沢すぎる内容。
ボジョレーとフランス料理を味わえるなんて至福のひとときです。アルコールも手伝って、初対面の同じテーブルの方とも自然に話が弾みます♪何度も来ているという方や、母娘でいらした方も2組ありました。今までなかったことですが、ヤマザワの女性社員の方が、笑顔いっぱいのテーブルの集合写真を撮ってくれました。(届くのが楽しみ)

お食事のあとは、コンサートタイム。今年のゲストは、昨年に続きさとう宗幸さん。さとうさんは宮城県では「OH!バンデス」という夕方の情報番組のパーソナリティとしてお顔を拝見することが多いのですが、なま歌を聴くのはこれが初めて。やさしい歌声と得意のトークで会場を沸かせながらのあっという間の1時間15分。パンフには5曲紹介されていましたが、10曲は歌って下さったのでは?なつかしい「青葉城恋唄」から大震災にまつわる歌までスーッと心に染みてきました。そして最後に歌詞カードが配られ歌ったのが冒頭に書いた"花は咲く"。
テーブル飾花のかぐわしい香りに包まれながら「花は 花は 花は咲く・・・」のフレーズを何回かリハーサル。自分もあの曲の参加者になったような気分で歌いました。今まで参加したサロンの中で一番印象的でした。

帰りにはお土産も用意されていました。ヤマザワの紙袋に入っていたのは次の6品。キッコーマン「白菜のうま煮」、味の素「ブレンディスティックしょうが紅茶オレ」、丸美屋「混ぜ込み鮭」、日清フーズ「中華街のサクサクから揚げ粉」、ヱスビー食品「生風味たらこ」、マルトモ「かつおつや削りパック」。どれもすぐに使えるものばかり。女性にとってはますます好感度が高くなりましたね。

外に出ると、初雪が舞っていました。
「また来年同じメンバーで会いましょう」同じテーブルの方との約束を果たすために、来年のサロンも絶対応募しなくちゃ。

ヤマザワのHPにレディースサロンの様子が写真入りで紹介されています。
続きを読む >>
| comments(0) | - | 子育て期の息抜き法 | あずさ |
 ボジョレーでフレンチ☆そして"花は咲く" 


HonyaClub.com


うっとり夢心地☆ホテルランチ&エステ

 「いらっしゃいませ。お待ちしておりました。こちらへどうぞ。」
にこやかに微笑むフロア係に「ご予約席」と書かれたながめのよい席に案内される友人と私。仙台ロイヤルパークホテル7階の中国料理『桂花苑』
ホテルランチは久しぶり。友人はしきりに「誘ってくれてありがとう」を連発している。
メニューを選ぶ必要もなく、予約してもらった桂花コースの料理が次々に運ばれてくる。
特製チャーシューと茄子の中華風マリネの前菜。
黄色が鮮やかなとんぶり入り蒸し点心など盛り合わせ。
本日のスープは白身魚のトマト風味スープ。
今回は、カワチ薬品とP&G共同企画の懸賞で当選したホテルランチ&エステで来館。専業主婦をしていると、ホテルランチは少し敷居が高いけど、当選となると話は別。思わずにんまり顔がほころんでしまいます。
「こんな時間を過ごせるって贅沢だよね〜」
「お昼作らないで食べられるのも嬉しいけど、このコース、自分じゃランチでも出せない値段だよね!」

まだまだ料理は続きます。
海鮮春巻き。
中国野菜と紋甲イカの炒め。
ザーサイと豚肉の細切り焼そば。
デザートにタピオカ入りココナッツミルクをチョイス。
200円追加でコーヒーがつけられるというのでオーダー。最初からジャスミンティーをポットでいただいてたけど、これも追加。(よく食べ、よく飲みました)
ランチが11:30で、エステが14:00と決まっていたので、「ご飯食べてからどうする?」なんて心配していたものの、久々に会った友人とは話題に事欠かず、気がつけば14:00まであと10分に迫っていました。
「二時間半もランチしてたなんて、普段じゃありえないね。」
(いや、普段じゃなくても珍しいでしょう)

エレベーターで3階のエイジアンエステティック『アーユソーマ』へ。
予約されていたのはアロマセアン(60分)のボディトリートメントコース。
アロマセアンとは説明文によれば、
海洋成分がお肌に浸透し、活力を与えます。
波をイメージしたトリートメントはリンパの流れを促進し、深いリラックスとともに
ボディバランスを整えます。
以前ここでフェイシャルのコースを体験したことがありましたが(「17時間のシンデレラ♪」 2005.4.25の記事参照)、ボディは初めて!

ブラウンのローブに着替え、それぞれの個室へ。
ちょっと汗ばむくらいの部屋には照明がほのかに灯り、心地よい音楽が眠りを誘う。
まずはフットバスで両足を温める。
あとはうつぶせになり、背中からトリートメントスタート。顔はドーナツまくらみたいなものにうずめているので、エステティシャンの動きは気配で感じるのみ。波をイメージしたというだけあって、押し寄せる波のように音楽にあわせエステティシャンの両手が滑らかに流れる。
後半は仰向けになって全身のトリートメント。夢かうつつか分からない状態でふわふわした気分。途中ビクッとしたのは、急におなかを触られた時。全身といっても不意に触られると苦手な箇所もあるのでちょっとくすぐったい。
でもまたすぐにすうっとリラックスして、ここがどこなのか、自分が誰なのかも分からない気分になる。今、もし誰かが「あなたは海外でエステを受けているのよ」と言ったら信じてしまうかも知れない。完全に現実社会から一番遠いところにいる。

どれだけの時間が流れただろうか。(60分ですが)
ずっと無言だったエステティシャンが「失礼します」と言って熱い蒸しタオルで足先を包んでくれた。(うう、気持ちいい)
「こちらで終了になります。ゆっくり起き上がってください」
と促されてもすぐには反応できない。体はまだ夢の世界なのだ。
背中を起こしてもらい、ようやくスリッパをはいて別室へ。
「お好みのハーブティーをお選びください。」
5種類くらいのハーブティーがあるが、どれも聞いたことのないものばかり。説明文付だが、何せ頭が働かない。
「オススメはこの『デトックス』です。毒素を体外に排出させる働きがあるのでボディトリートメントあとには効果的です。」
「ではそれで・・・」勧められるがままの私。
友人も同じ部屋に戻ってきた。やはりボーッとしている。
同じく「デトックス」を勧められていて、「ではそれで・・・」とオーダー。
「デトックス」が運ばれてきた。茶色っぽいティーでりんごをベースに様々のハーブが調合されていると言う。砂糖は使っていないというがりんごの甘みかほんのりと甘い。例えは悪いが、クリアのりんごジュースを煮詰めて熱した感じ。イギリス製でどろっとして液体で瓶に入って販売されているらしい。カラダの中から毒素が出て行く感じ。
ハーブティを飲みながら友人と話す。
「なんかこれで現実に戻りたくないね〜」
「ホントだね。家に帰りたくないよ。」

着替えのロッカールームで携帯をチェックすると、既に下校したらしい小3の息子から着信あり。行き先を内緒にしていたのでいつ帰るか不安に思ったらしい。
「おやつでも買って帰ろうかな。」
下の『ロイヤルデリカ』でアーモンドクロワッサンを調達。
「こんな時間がまた持てたらいいな」と願いながらおやつを待つ息子のもとに家路を急ぎました。

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 子育て期の息抜き法 | あずさ |
 うっとり夢心地☆ホテルランチ&エステ 


HonyaClub.com


スタバのクイックコーヒーセミナー♪

 コーヒーにはあまり詳しくない私ですが、クイックコーヒーセミナー参加者募集の案内を見つけ何か面白い話が聞けるかも、と早速申し込んでみました。
集まったのはコーヒー好きな9名。普段どんなふうにコーヒーを楽しんでいますかとの問いにほとんどの人が「ストレートで・・・」と答えていました。(そうか、コーヒー本来の味を楽しむ人はストレートなのね。ちなみに私はミルクを入れたものが好み)

今回のコーヒーは「カフェベロナ」。食後のデザートに合うコーヒーを作ってほしいとの客の要望から生まれたコーヒーだとか。ラテンアメリカ、インドネシア、イタリアンブレンドで、特にチョコレートとの相性がぴったりとのお話でした。(へぇ、デザートに合うコーヒーってあるんですね。考えたこともありませんでした。)
カフェベロナのベロナは、あの名作「ロミオとジュリエット」の舞台となった街の名前。複雑で優雅な味わいにふさわしいロマンチックな名前ということで名づけられたそうです。(なるほど、そんなことを思い出しながら味わうのもいいですね。)

まずは、コーヒープレスで入れたものを試飲させてもらいました。飲み方にも注意があって、コーヒーはすするように飲み、舌を通じて口全体で味わってくださいと言われました。今まで何気なく飲んでいましたが、確かに味わい深い感じがします。粉はあらびき4分抽出したものでしたが、コーヒープレスだと脂分も溶けこみ本来の旨みを引き出すのだとか。その後、ドリッパーで入れたものと飲み比べをしましたが、ドリッパーの方はフィルターに脂分が取られるのですっきりした味わいになりました。同じコーヒー豆でもこんなに違いが出ることにビックリです。

次にチョコレートとの相性を確かめるために、カフェベロナチョコレートが配られました。実はこのチョコレートにはカフェベロナのコーヒーの粉が練りこまれています。まず、チョコレートを半分に折り舌に乗せ、コーヒーを含みます。チョコレートがとろけてほどよい甘みが広がります。う〜ん、さすがにコーヒーを混ぜ込んでいるだけあってとても相性がよいのが分かります。コーヒーの粒がよいアクセントになって引き立てています。

続いて、スタバのロゴチョコレートが出てきました。お店で普通に販売している商品ですが、今まで気がつきませんでした。ミルクとビターの2種類あるというので私はミルクを選択。先程と同じように舌に乗せコーヒーを含んでみました。とろっと溶けて美味しかったです。隣の方がビターチョコだったので少し交換して試してみましたが、二人の感想は「ビターよりはミルクの方がコーヒーに合うね」と一致。ちょっとミルクも甘みが強いので「やっぱりカフェベロナチョコレートが一番合う」かな。

こんなふうにコーヒーのお話が聞けて、飲み比べも出来て、フードペアリングも試せるクイックコーヒーセミナー。最後にカフェベロナ20gもお土産にいただいたのに、これで参加費無料なんて本当においしい話です。コーヒーがますます好きになるきっかけになりました。

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 子育て期の息抜き法 | あずさ |
 スタバのクイックコーヒーセミナー♪ 


HonyaClub.com


イル・ケッチャーノでアル・ケッチャーノ♪

 新年早々当選した「アル・ケッチャーノペアディナー券」。使用期限が6月30日までと迫ってきたので先日予約を入れディナーに行ってきました。

アル・ケッチャーノは奥田政行シェフのイタリアンレストラン。山形県鶴岡市にあり、地元の食材をふんだんに使った料理で有名。奥田シェフは朝日新聞の「ひと」でも紹介されていましたが、4月に東京にオープンした「おいしい山形プラザ」の2Fに「ヤマガタサンダンデロ」というイタリアンの店をプロデュースし、ますます注目のシェフですよね。

実は、予約はなかなか取れませんでした。さすが話題のレストラン。
予約できた日は「アル・ケッチャーノ改装中のため、隣接するイル・ケッチャーノでお召し上がりいただきます。」と言われていました。
イル・ケッチャーノって何?と思ったら、カフェ&ドルチェのお店でした。17時からはイル・ケッチャーノでアル・ケッチャーノのメニューを提供してくれるというので一安心。

期待に胸ふくらませ、いざイル・ケッチャーノへ。
当選チケットは「ペアセット」がいただけるものでした。
ミニサラダ、お好きなパスタ2種、お好きなピザ1種、デザートはジェラートでしたが、追加料金なしでデザート盛り合わせにしてくれました。それとドリンク
メニューにもパスタは数々ありましたが、驚いたのは「本日のおすすめパスタ」の種類の多さ。おすすめって普通2つか3つをイメージしますが、何と9種類もあったのです。大きな黒板一杯に書かれていて、読むだけでも時間がかかります。本日のおすすめは特に地元産の食材にこだわって作られているという。どれもこれもおいしそう。目移りして5分以上悩みました。

まず出てきたのがミニサラダ。
見た目普通のミニサラダですが、ミニトマトの甘さにびっくり。サニーレタスのシャキシャキ感にびっくり!シンプルで野菜のうまみを引き出すドレッシングのバランスが絶妙です。サラダで感動するなんてますます期待が高まります。

パスタ1品目は「朝採り野菜たっぷりと庄内豚ベーコンのペペロンチーニ」
分量を間違えたのでは?と思うほど野菜がたっぷりでパスタがほとんど見えないくらい。春キャベツ、さやえんどう、アスパラ、トマト、きゅうり、カリフラワー、さらに野にんじん、葉玉ねぎまで。(もっとあったかも)
「野菜に生命力がある!」と夫も感動の味。
きゅうりも軽くいためてあるもののシャキッとしておいしい。私など食べなれない葉玉ねぎ(小かぶ大)を一口で食べてしまい、涙が出ました。(いえ、感動の涙ではなく、玉ねぎのツーンとした辛さのため。それだけ強いんですね。)

パスタ2品目は「桜マスのレモン風味のクリームソースフィットチーネ」
このパスタはクリーム系大好きな私が選びました。桜マスがサイコロ大に切ってあり、フィットチーネにもクリームソースがよくからんでます。思わず笑顔に!ふんわり贅沢な組み合わせ。やみつきになりそう。

ピザは定番「マルゲリータ」
ピザはパスタに比べると種類は少なめでしたが迷って決められないので、お店の方おすすめのマルゲリータにしました。マルゲリータのおいしさは何といってもトマトですよね。ここのトマトは一味違います。チーズもこってりすぎずヘルシーな感じ。

次は「デザート盛り合わせ」
花柄の美しいお皿に盛り付けられたデザートに「わ〜!」と思わず声が出ました。
いちごとブルーベリーソースのパンナコッタ、フラゴーラ、カスタードプリン、ラムレーズンのアイス、黒ゴマのアイスの5品。
パンナコッタのミルクの味の濃いこと!フラゴーラというイチゴのケーキも濃厚なイチゴの味がしました。どうやって作っているのか知りたくなるほど素材がいい。
特筆すべきは、添えられていたミント。立派なミントだったので夫が聞くと「野生のミントです」とのこと。口に含んだ途端広がるミントの世界。「これぞミント」という味。(クールミントガムそのものみたいだね、と夫に言うと叱られましたが・・・)

イタリアンレストランは数々あれど、ここまでイタリアンで感動したのは恐らく初めてです。お土産にフランボワーズのメレンゲなど購入しましたが、これまたおいしい。
アル・ケッチャーノの改装は6月10日までということなので、もう改装オープンしてますね。今度は雰囲気を変えてアル・ケッチャーノでも是非お食事してみたいものです。

続きを読む >>
| comments(4) | trackbacks(0) | 子育て期の息抜き法 | あずさ |
 イル・ケッチャーノでアル・ケッチャーノ♪ 


HonyaClub.com


デジタル一眼に挑戦☆ 〜キヤノンフォトセミナー〜

数年前から気になっていたデジタル一眼レフカメラカメラ
普段はコンパクトデジカメで事足りるということできっかけを失っていましたが、今回「デジタル一眼を基礎から学びませんか?」の誘い文句を見つけキヤノンフォトセミナーに参加してきました。楽しい

コースは―蕕瓩討離妊献織覦豐礇魁璽垢鉢△気蕕望綯!デジタル一眼コースの二つ。
もちろん私は「初めて」のコース。各コース抽選で24名の参加。「初めて」ではうち14名が女性女でした。受付で参加費の1000円を払うと、真新しいEOS KISS X2とテキストが貸与されました。
「わあ、デジタル一眼って思ってたより軽いんだ!」とまずびっくり。びっくり約475gの重さとか。

お話によると、キヤノンフォトセミナーは朝日マリオン主催でキヤノンがメーカーとしては初めて開く写真教室だそう。8/9の仙台教室を皮切りに、東日本中心に2009年3月までに18回開催予定。その記念すべき第1回目ということで、カメラもプリンターもピカピカぴかぴかのものを使わせていただきました。嬉しい
ちなみに上達コースのカメラは「EOS 40D」。プリンターは「PIXUS MP610」でした。

初めてコースの主任講師は小野崎徹氏。朝日新聞の元カメラマン、現在は全日本写真連盟関東本部委員として支部指導にあたられているそうです。他にも2名の講師がつき、ちょっとした疑問にすぐに答えてもらえました。嬉しい
カメラカメラの使い方など机上の勉強は30分ほど。テキストを参考にしながら進められましたが、今までデジタル一眼を使ったことのない私にとっては、フィルムの一眼レフとの違いにちょっと戸惑いました。冷や汗
私のフィルム一眼では、先に絞りとシャッタースピードは手でダイアルを回して設定していたものが、デジタルではレンズをのぞき右手の中指で軽くシャッターボタンを押さえながら、その場で人差し指で絞りやスピードを自由自在にコントロールできるんですね。びっくり中指と人差し指をうまく連動させるところが慣れるまで難しかったです。
モードは全自動、プログラムAE(P)、TV、AV、Mと説明されましたが、TVとAVがどっちがシャッター優先か絞り優先かすっかり忘れていた私です。しょんぼり考えてみたらフィルム一眼を使わなくなって10年。時計「全自動」なんて洗濯機みたいなモードまであるんですね。

カメラを首からぶら下げていざ撮影実習へ。ジョギング24人を3班に分けて、それぞれに講師が同行。今回は写真教室なので、自動モードではなくTVかAVモードで撮影してみましょうと指示がありました。
国際センター向かいの地区は、池があり、古めの住宅がポツポツ建っていて、その周辺の草むらに花花が咲いているという光景。さて、何を撮ろうかしら?
講師からまず主と副になるもの、背景になるものを考えるようにとアドバイス。
何を訴えたいか、ポスト一つとっても何を表現したいか考えるようにとのこと。
ここ10年、写真と言えば何気なくわが子を撮るくらいしかなかった私には、かなり頭を使うことになりました。冷や汗

それでもデジタル一眼のよいところは、撮ったその場で写真を確認できることですよね。楽しい大型モニターなのでとても見やすいし。とにかく迷わずどんどん撮ってくださいと言われましたが、要らなければ消すこともできるというのはフィルムにはなかったことですものね。
試行錯誤で絞り、シャッタースピードを変えて撮影。同じ場面でも何枚か撮っておくといいですよとのこと。
またデジタル一眼は瞬時に撮れる点がコンパクトデジカメと比べて優れているとか。シャッターチャンスを逃さず撮れるのはストレスがなくていいですね〜。楽しい

1時間半の撮影実習の後は、本日のベストショット5枚を選んで2L版にプリントすることに・・・。私は40枚くらい撮影しましたが、気に入る写真なんてあんまりないものですね。もっとああすればよかった、こうすればよかったと反省しきり。悲しい
迷いに迷って5枚をチョイス。カメラをプリンターにつないでいざ印刷。ここで驚いたのは、プリンターの時点でトリミングが出来ること。びっくり
もっとも、講師にはX2が1220万画素だからこそキレイに出来るだけですから、
撮影時点で構図を考えるべきと言われましたが・・・。

さらにプリントした5枚のうち1枚をA4サイズに拡大。前に貼り出され、講師から一言ずつ講評をいただくことになりました。嬉しい他の方の写真を拝見していると、デジタル一眼を普段も使っている方も多く、構図やシャッターチャンスでなるほど〜と参考になるものもたくさんありました。カメラカメラは高性能になっているので、「切り取り方」が重要ポイントだなあと思いました。
たった一日の写真教室でしたが、10年間眠っていた写真心に火がついた感じです。るんるん写真が趣味の一つと言えるくらいやってみようかなと思っています。

このキヤノンフォトセミナーは今から申し込めるところも多いので、気になる方はぜひチェックなさってみてはいかがでしょうか?楽しい
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 子育て期の息抜き法 | あずさ |
 デジタル一眼に挑戦☆ 〜キヤノンフォトセミナー〜 


HonyaClub.com


プロに教わるボウリングレッスン☆

懸賞で当たっていた「ボウリング教室1回無料券」。有効期限が迫ってきたので先日ドキドキ揺れるハートしながら行ってきました。
あらかじめお断りしておきますが、私はボウリングは滅多にしません。しかも下手悲しい。一度家族で行った時、夫に「手と足の動きがバラバラだ」とあきれられるレベル。少しでも人並みに出来るようにと思い応募したものでした。

ボウリング場にオープンと同時に入ると、平日なのにすごい人。びっくりどこか中高年向けの大会か例会があるようで、マイバッグを手に続々集まってきます。
恐れおののきながら受付に向かう私。案内されたのは一番奥のレーンでした。(ほっ。ここなら目立たないかも嬉しい)
隣のレーンにいた中年女性がにこやかに話かけてきました。
「練習会ですか?」
「えっ。練習会というかボウリング教室ということでプロに教えていただけるということで来たのですが・・・。」
「じゃあ、練習会ね。教えると言ってもマンツーマンじゃなくて、やってるところを回って時々直してくれるという感じなのよ。こういうの初めて?」
「はい。遊びでしかやったことがなくて・・・。」
よく見ると隣の女性はカラフルなウエアを身にまとっています。これがボウリングの定番ウエアなのかしら?(恥ずかしながらボウリングの試合なども見たことがないのでよくわからないのですあせあせ)

そこへプロ登場。どうやら今日の練習会の参加は私を含め女性3名のようです。
「じゃ、まずすべりをチェックして!」
「えっ、すべりって・・・」焦る私。言われるがまますべってみるが、このすべりがいいすべりなのかどうなのか全く判断できず。冷や汗
あとの二人は慣れた様子ですべりをチェック。そしてもう少しすべるようにして、とリクエスト。係員が呼ばれ何やらスプレーを吹きつけていました。(よく分からない私はとりあえずそのままでやることに・・・)

どうやら一人1レーンを自由に使えるようです。(まあ贅沢!楽しい)
始めに何投か自分のフォームで投げてみるよう言われました。緊張しながらいつものように投げていると・・・
「どこ見て投げてますか?」とプロからの声。
「ピン見ちゃダメとよく言われるんですが、やっぱりピンを見てしまいます。」と私。
ふふんといった表情のプロ。相当の初心者ということがすぐに分かったご様子。ピンのあるところまで連れて行ってくれました。
「ここまで18メートルあります。野球でピッチャーが投げるのと同じ距離なんですよ。こんな先を見てたらダメ。手前にあるスパットだけ見て、そこを必ず通すことが出来れば安定するんですよ。」(なるほど、なるほど聞き耳を立てる)

レーンに戻り、詳しくアドバイスを受けました。
まず、ボウルはスパットの1と2の間を通すように。
立つ位置は2つめと3つめ。
ファールラインから反対に5歩進んだところから投げる。
足は小刻みに動かす。
腕の振り方であまり引きすぎないこと。
最後に腕は上に上げないとだめ。
今までいかに何も考えずに投げていたか目からウロコが落ちるようでした。楽しい

なかなか腕を上に振れないので、レーンを離れプロとゴムボール投げサッカーボールの練習。プロはきれいに回転がかかるのに私がやるとどうもうまくない。結構難しいものなのね。
またレーンに戻る。
私の頭が傾いているのがいけない、という事でハンドタオルを頭に乗せて落ちないように投げてみてくださいと言われました。まるで温泉で頭にタオルを乗せている人のよう。ショック恥ずかしいけどこの方が練習にはいいみたい。

次はアプローチ。しっかりしたフォームをつけて投げるよう指導。
左手でバランスをとり、右足で蹴って左側に浮き上がるくらいに・・・。
少し前かがみの姿勢。
最初の足は揃えて、左足が少し前になるように。(なるほど、なるほど聞き耳を立てる)

ボールが手前に落ちすぎるということで、レーンに50センチ四方のダンボールが置かれました。
「最低、このダンボールを超えてから落としてください」
いや〜、あまりにたくさん注意事項があって、何かに気をつけると他のことがおろそかになって、動き自体がぎこちないことこの上ない。悲しい
「さあ肩の力を抜いて、リラックスして、にっこり出来るように!」
言われれば言われるほど色々考えてしまうから、ひたすら投げることにしました。
投げる、投げる、投げる・・・。
そして何投かは狙ったところを通るようになってきました。(やったあ!嬉しい

2時間経過。時計
実はこの教室を予約した時、レッスンは2時間くらいと言われ自分の体力が持つかなあと不安でいっぱいでした。何とか2時間持ちこたえられたなあ、お腹もすいたなあ(この時既に1時を回っていました)と思っていると・・・
「最後に3ゲームやってみましょう。出来ますか?」とプロの声。
「体力が持つかどうか・・・」心配になる私。冷や汗
「せっかくだからやれるところまでやってみましょうよ」隣の中年女性が励ましてくれました。

アメリカン方式とやらで、一人で右と左からかわるがわる投げるものらしい。隣ではきれいなフォームで投げている。びっくり全然フォームからして違うんですよね。
「今日だけでこのくらい出来れば上出来ですよ。」
プロに慰められながら黙々と投げ続けていたものの・・・私の体力も限界に近づく。力が入らない。あえなく1ゲーム半でギブアップ。ショック
こんなにボウリングがハードなスポーツだとは知りませんでした。びっくり
その後数日間ひどい筋肉痛に襲われたことは言うまでもありません。
テニスよりハードかも。
でも今回のレッスンで基本を教えてもらい本当にためになりました。
忘れないうちにまた行ってみようっと。楽しい
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 子育て期の息抜き法 | あずさ |
 プロに教わるボウリングレッスン☆ 


HonyaClub.com


佐伯チズ先生直伝!Ora2ビューティスマイルレッスン☆

女性女なら誰しも、いえ今や男性男でも「美肌」に憧れるのではないでしょうか?
「美肌師」として年間2000人以上の肌に触れ、美容界のカリスマ的存在として知られる佐伯チズ先生
その先生に直接ご指導いただけるイベントがサンスターOra2主催「佐伯チズ直伝!ビューティスマイルレッスン」として全国8会場で行われています(1/12の福岡から2/27の広島まで)。私も先日仙台会場に参加して先生のオーラをたっぷり浴びてきました〜。楽しい

会場に入ると、後ろの方に人だかりが・・。何とそこにはケーキバイキングケーキで思い思いのスイーツを立食形式でほおばっている参加者の姿が!びっくり招待客は全部で100名。会場がホテルということもあり、ホテルメイドの食べきれないほどのケーキが所狭しとならべられていました。どれにしようか目移りしてしまいます。嬉しい
「もうお腹一杯と思いながら、目は次のケーキを探しちゃうのよね〜」
「ただだと思うと余計においしいわよね♪」などの声が聞こえてきました。
・・・みな至福の表情です。楽しい

先生の登場の前に「口もと美人○×クイズ」が行われました。サンスター主催ということで歯にまつわるクイズづくし。6問全問正解者には佐伯チズスキンケア専用フェイスローションパックコットンユーティリティコットンがプレゼントされるとあって気合が入ります(笑)。私も第2ラウンドで全問正解となりめでたくコットンをいただきました。嬉しい赤いパッケージのSとCが印象的。使うのが楽しくなりそう。

そしていよいよお待ちかね、佐伯チズ先生の登場です!
美肌師の名の通り、白く透き通るような美しい肌。ぴかぴかとても65歳には見えません。気さくに会場を回られ、「私の肌を触ってみて」とおっしゃる。触った方は「ハリがある」「もちもちしている」「しっとりしている」と驚きの連続。

「キレイになるのに年は関係ないんですよ。」
「キレイのもとは食べる食事ことです」

う〜ん、何だかとても革命的なお言葉。年齢と共に肌が衰えるのは老化現象の一つである程度仕方ないと思っていましたが、80歳でも思いがあればキレイになれる(美肌になれる)のだそうです。びっくり先生はシワは自然のものだから無理にのばそうとはしない、ただお肌は変えていけると断言されていました。

次に、参加者全員に手鏡が配られ色々なチェックがありました。
鏡をまっすぐ前に持って見るのが「今の自分」、鏡を上にして見上げると「5年前の自分」、そして鏡を下の方に持って見るのが「5年後の自分」が分かるのだとか。確かに5年前と5年後は大きな違いが!5年後なんて二重あごでホウレイ線も深く・・・そら恐ろしい!(笑)冷や汗そうならないためのノウハウを身につけないと!

簡単に出来そうだったのがリンパマッサージ。あごの下、耳の後ろから肩までの頚部、鎖骨から肩までと三箇所のマッサージを3セット行うというもの。老廃物を出すのに一役買ってくれるとか。これならちょっとした空き時間に出来そう。今のところ毎日やってます。楽しい

意外だったのが、佐伯先生が福山雅治さんのファンでコンサートにも行かれるということ。好きなアーティストのことを考えるとアドレナリンが出てるんるん、これも美肌づくりに効果ありと教えられました。確かにこれは分かる気がしますね。

それと、参加者からのQ&Aコーナーの中で「どうしても気分が落ち込んだ時はどうしたらよいでしょうか?」という質問がありました。
その答えはズバリ、「笑うこと楽しいです。」
気分転換が大事。笑いを誘うアイテムとしては「きみまろ」「伊奈かっぺい」を聴くことを勧められました。これなら単純に笑えそう。
実は、先生は42歳でご主人をがんで亡くされ、その当時はお肌もボロボロでシワも多かったのだそうです。悲しいとても今のお姿からは想像できません。これではいけないと日に何度もローションパックをされ、鏡を見ては笑顔の練習。とうとう45歳の時に美容界にカムバックされたとか。びっくりすごい精神力と忍耐力を感じます。強烈なオーラが漂っているのはきっとそのせいなのかも知れません。

今回初めて知ったのですが、佐伯チズ先生のテレビ番組テレビがあるそうです。TBSで毎週水曜21:54からの「ピューティスマイル」。(ここ宮城県ではTBCで毎週日曜22:54から)。私も早速この前チェックしてみたのですが、ちょうど習ったばかりのリンパマッサージがテーマでした。4箇所目として「脇の下」のマッサージもありました。ワンポイントレッスン的なことが多いのでこれはビデオに撮っておくと便利かも。楽しい

帰りにサンスターさんからお土産がありました。
佐伯チズ先生の著書『新美肌革命』、オーラツーステインクリアウォッシュ&コート、オーラツー薬用ハミガキの3点でした。至れり尽くせりのイベントです。

佐伯チズ先生からの言葉は、まるで神の声のように聞こえます。
「願いは叶う」
「あきらめは毒。夢は薬」
私もこの言葉をしかとかみしめていきたいと思っています。嬉しい
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 子育て期の息抜き法 | あずさ |
 佐伯チズ先生直伝!Ora2ビューティスマイルレッスン☆ 


HonyaClub.com


ボジョレー・ヌーヴォーとエンジョイパスタ!パーティ2007

11月15日はボジョレー・ヌーヴォーワイングラスの解禁日。既にボジョレーを楽しまれた方もいらっしゃることと思います。今年はボジョレーが当たる懸賞もあまり見かけなかったし、飲めないかな〜(注:自分で購入するつもりはなし)としょんぼりしていたのですが、何とボジョレーを最高のシチュエーションで楽しむ機会に恵まれました!嬉しい

日清フーズ&モリヤ共同企画で当選した「エンジョイパスタ!パーティ2007」日清フーズが10月25日の世界パスタデーとボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を記念して行っているイベントがホテルモントレ仙台で開催されました。中世ヨーロッパの雰囲気を醸し出すホテルの会場に招待されたのは20組40名。会場に入ると日清フーズが売り出し中の"晩パスタ"をはじめパスタ関連のビデオテレビが流されて雰囲気を盛り上げています。るんるん

そこへ登場したのは、東京・広尾「アクアパッツァ」のオーナー日睥票促轡Дと料理研究家の枝元なほみ先生。このようなコラボレーションも珍しいのですが、目の前でオリジナルパスタのデモンストレーションをして下さるというのですから感動ものです。楽しい

まずはイタリア料理界の貴公子と異名をとる日皀轡Д佞「オイルサーディンのスパゲティ」を実演。ディ・チェコNo.11スパゲティ(1.6mm)を使用。ディ・チェコは表面がザラザラしていてソースのからみがよくおいしい食べられるとご推薦でした。
オイルサーディンのスパゲティにまつわるエピソードも披露してくれました。シェフが若かりし頃、夜遅く帰宅して何か手早く食べられるものを作りたいと思って考案したのがこれ。パスタを茹でている間にチャチャッとオイルサーディンを焼いてお醤油、レモン、万能ネギで仕上げるというもの。確かに目の前で見ていてもあっという間に完成してしまいました。これをお一人で400gも召し上がっていたというのはびっくりです。びっくり
もう一品、「ホタテと白菜のクリームソースフスィリ」も実演。白菜が入ると和食や中華のイメージになりますが、それを白菜の内側の白い部分を使っているところはさすが。フスィリは同じくディ・チェコのNo.34。ホタテ好きの私には試食が待ち遠しく感じられました。ディナー

続いて枝元なほみ先生のデモンストレーション。枝元先生は「NHKきょうの料理」や「はなまるマーケット」などにもご出演され有名ですが、宮城県には月に一度民放番組の収録で訪れていたそうであちこちから声をかけられていました。あのとびっきりの笑顔が素敵ですよね。
枝元先生は「少しスパイシーなカリフラワーとカジキのナポリタン」を実演。マ・マーのエプロンをつけてマ・マースパゲティとマ・マーナポリタンソースを使用。レトルトのソースはそのまま出すと手抜きに見えますが、一手間加えるだけでまったく違ったおしゃれなパスタになりますよ、と教えて下さいました。嬉しい確かに、カリフラワーを茹でることなく使い、カジキマグロは棒状に切って炒めるなんてアイデアがユニークです。クミンシードやカレー粉も使っているので子供にも喜ばれますよ、とのこと。魚嫌いの子供子供でもこれなら食べられるとか。

そして、いよいよお待ちかねの食事会。楽しいデモンストレーションの間、おいしい香りにお腹が反応して困っていたのですが、まずはシャンパンがグラスに注がれ、日皀轡Д佞隆デ佞硫仔で始まりました。それからホテル料理長から本日のメニューの説明がありました。いただいたお料理は次の通りです。
☆前菜
"真鯛のカルパッチョハーブマリネ、イクラドレッシングと鴨のリェット、百合根のムースの盛り合わせ三種の味わい"
"ほうれん草と卵のスープパルミシャ風味"
☆日皀轡Д侫リジナルパスタ
"オイルサーディンのスパゲティ"
"ホタテと白菜のクリームソース フスィリ"
☆枝元なほみ先生オリジナルパスタとオリジナルパン
"少しスパイシーなカリフラワーとカジキのナポリタン"
"ポテトブレッド"
☆デザート
"アマレットとエスプレッソのパルフェ フルーツマチェドニーアフ風"
☆コーヒーホットコーヒー

もう動けないくらい満腹になってしまいました。楽しい
枝元先生のポテトブレッドは実演はありませんでしたが、レシピの説明がありました。日清フーズのナチュラート小麦全粒粉はさらさらしていてパンに使いやすいそうです。じゃがいも、カッテージチーズ、プレーンヨーグルトが入ったパンはもっちりして食べ応えがありました。
本格的なコース料理をいただいている間に、日皀轡Д奸∋涕祇萓玄らが各テーブルを廻り「いかがですか?」と声をかけて下さいました。もうテンションは上がりっぱなしです。上向きそしてボジョレー・ヌーヴォーの解禁日ということでボジョレーワイングラスも堪能させていただきました。まさに願ってもない至福のひとときです。ぴかぴか

最後に抽選会があり、ディ・チェコのオリジナルグッズ、ボジョレー・ヌーヴォー、日皀轡Д佞遼棔∋涕祇萓犬遼椶プレゼントされました。何と私も枝元先生直筆サイン入りの本が当たりました。嬉しい『毎日、野菜いっぱい!枝元なほみのぜんぶおかずサラダ』という本は野菜料理を習っている私にぴったり!色々試してみたいです。

パーティは予定の時間をオーバーして終了。出口では日皀轡Д佞参加者と写真撮影の真っ最中。私も記念の1枚をパチリ。カメラ
さらに日清フーズからおみやげが。びっくり
ナチュラートオリジナルソトコトマイバッグ&SIGGマイボトル、ナチュラートのスパゲティ(500g)、マ・マーレンジで5分のスパゲティ(200g)、ナチュラート「有機野菜を使ったトマトソース」、日皀轡Д婀峠ぁ崟弔瞭況魚介のカルボナーラうに仕立て」でした。至れり尽くせりとはこのことですね。嬉しい
パスタの需要は年々増えているそうです。が、家庭で夕食にパスタをいただくというのはあまり多くないとか。我が家も昼食でというのが多いかも。日清フーズでは夕食に合うパスタを提案するという意味も込めて今回企画されたそうです。デモンストレーションされたメニューはレシピも配られたので、ぜひ家でも夕食メニューとして登場させてみたいなと思います。楽しい

ホテルの外に出ると冷たい北風が吹いていました。が、私はちょっと回ったワインとパーティの余韻に浸りしあわせ気分で家路を急ぎました。揺れるハート
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 子育て期の息抜き法 | あずさ |
 ボジョレー・ヌーヴォーとエンジョイパスタ!パーティ2007 


HonyaClub.com


てもみんパワーで夢心地♪

行ってみたいとずっと思っていながら、何となく敷居が高くて入れなかった「てもみん」。私は中学生の頃から肩こりとお友達なのでもう仕方ないやと思う反面、あまり肩こりがひどいと頭痛にまで発展してしまうので、とりあえずエアーサロンパスやピップエレキバンでごまかしてきました。しょんぼり何と言っても10分で1050円という施術料が、主婦の私には「1050円あったら○○と○○が買えるし・・・」と二の足を踏ませていたのです。冷や汗

そんな私にも「てもみん」を利用するチャンスが巡ってきました。嬉しい
かなり前のことになりますが、リラクゼーションのカタログギフトが当たり、その一つにてもみんチケットが含まれていたのです。届いてみれば、10分チケットが5枚。つまり5250円分です。嬉しい自腹ではまず払えないけど、当選チケットとくれば使うのは簡単。
なはずなのですが、いざ使おうと思うと「せっかくだから一番疲れた時のためにとっておこう」となかなか決心がつきません。(まったく困った性格だわ)冷や汗

ようやくチケットを使ったのは、チケットが届いて3ヶ月も経った6月。ある時、児童センターで無料のエアロビクス教室が行われると知り、気軽に申し込んでみました。それまでも週に1回別のエアロビ教室に参加していたので楽勝かと思いきや、児童センターバージョンはインストラクターも若く、参加者も私以外は皆よちよち歩きの子供連れの若いお母さん達ばかり・・・。はい、足をあげて、はい、廻って・・・と同じエアロビとは思えないほどハードな動きを要求され、とうとう私の体が音を上げました。汗
翌朝、起きれないほどの全身筋肉痛。悲しい
「これはてもみんに行くしかない」とよたよたしながら向かいました。

その時頼んだのは30分(3150円)のボディてもみん。ベッドにうつ伏せに寝かされ、足、腰などマッサージしてもらい体がすっと軽くなりました。嬉しいさすがにプロの手技はツボをしっかり心得ているので寝てしまいそうなほど気持ちがよいのです。リーフレットによれば、
てもみんの手技は筋肉を大きく動かして揉みほぐしながら、リンパ液の流れをスムーズにし、凝りや痛みの原因を取り除き、身体自身が持つ治癒力を高めます。

とありました。「てもみん」って優しい響きで一度聞いたら忘れないネーミングですよね。うっとりしているうちに終わった初回は15分くらいに感じられました。

このてもみんチケットには6ヶ月という使用期限があったのです。私のは9月29日まで。無効になってはもったいないので先日またも「てもみん」を訪れました。今回は、20分(2100円)のタイムてもみん。
前回と大きく違うのは、ベッドではなくチェアで行うものだということ。チェアは独特の形をしていて、どうやって座ったらいいのかまず悩みました。ショック
「正座をするように座って、手は前の台に置き、顔はここに伏せてください。」
やってみると意外にも座り心地はよく、顔を下に向けていると眠りの世界に引き込まれるような感じ。
「かなり凝ってますね。首のあたりもつらいんじゃないですか?」
その通り。私の肩こりは首こりでもあるのです。しかも前日、前々日とテニステニスを続けてしてしまったため、腕もパンパン。てぬぐいをかけられ、その上から丁寧にマッサージされるとだんだんコリがほぐれていくのが自分でもわかるくらいでした。嬉しい

となりのチェアでは、60代くらいの女性が20分コースのタイムてもみんを利用していました。また、私がかかっている間にも5分おきくらいにお客さんが二人見えました。(顔は見ていませんが、女性のようです)平日の午前というのに、結構繁盛しているんですね。今や「てもみん」はふらっと立ち寄れるリラクゼーションスペースなのでしょうか?
タイムてもみん、ボディてもみん以外にもリフレクソロジーやリンパフットセラピーなどのサービスもあるとか。気になります。私もふらっと寄ってみたいけど、うーん、やっぱり10分1050円の自腹はキツイものが・・・。冷や汗
願わくは懸賞で「てもみんチケット」が当たるものを是非とも企画していただけたらなぁと切に願っている私です。
続きを読む >>
| comments(9) | trackbacks(0) | 子育て期の息抜き法 | あずさ |
 てもみんパワーで夢心地♪ 


HonyaClub.com


話題の岩温浴でデトックス☆

最近「デトックス」という言葉をよく耳にします。調べてみると「解毒する」という意味の英語detoxificationからきているそうです。肝臓の解毒機能などで使われていた言葉が、今では解毒だけでなく、新陳代謝を高めて体の老廃物を出すことにも使われているとか。そんなデトックス効果が期待できるという噂の岩温浴を体験して参りました。楽しい

受付で専用ウエアとバスタオルが入ったバッグを受け取ると、まず温泉温泉から入るよう勧められました。私の出かけた岩温浴は、もともとは天然温泉だけだったものが近年岩温浴を併設。岩温浴を希望する場合は温泉とセット販売らしいのです。まずは温泉につかって血行をよくします。嬉しい

ベージュ色の専用ウエアに着替えると、いよいよ岩温浴です。受付でもらった「岩温浴を楽しむために」のチラシに目を通してみると、入り方にはコツがあるようです。
・バスタオルを下にして腹ばいになり、5分程度を目安にリラックス。
・あお向けで10〜15分程度を目安にリラックス。
・休憩室で5分程度体を休めて水分補給。
・再入浴。このサイクルを2〜3回繰り返す。

ちょっぴり緊張しながら岩温浴の部屋のドアを開けると、ムアーッとした空気。びっくりあ、眼鏡ははずさなくては。予想以上に蒸し暑い部屋。室温計の針は40度を指していました。ちょっとサウナを思わせる雰囲気です。

私の入った女性専用ルームには、岩温ベッドが7台あり、部屋の中央にはトルマリン原石が置かれていました。壁面は麦飯石天然鉱石だそうで、遠赤外線効果でゆっくりと無理なく汗をかくことができるというしくみです。汗
バスタオルの上に腹ばいになると、ジワーッと下から体があったまってきます。薄暗い部屋に静かなBGMだけが聴こえてきて、自分が今どこにいるのかふと忘れてしまいそうな感じ。

ただ、硬い石の上に腹ばいで5分というのは思ったよりつらい。しょんぼり頭の置き所にも難儀。バスタオルからはずれた所はかなり熱いので、何とかバスタオルの長さの範囲に収まっていなくてはなりません。あお向けの時は、籐のまくら(ちょっとなつかしい感じ)があってそこに頭を乗せればOK。思わずうとうと夢の世界へ・・・と思いきや、蒸し暑い空気が邪魔して寝るに寝られず。悲しい持参したタオルで顔や腕の汗をふきふき、ひたすら時計の針に目をやる私。ようやく休憩時間になって飲んだポカリスエットのおいしかったこと。嬉しい休憩室はクーラーで24度に冷えていました。

ものの30分くらいで7台あるベッドは全部埋まりました。平日の午前中、しかもこの暑い時期にいっぱいになるとは、やはり岩温浴は人気があるんですね。出たり入ったりを繰り返すこと1時間。ウエアはスポーツをした時のようにたっぷり汗で濡れていました。またまた温泉に行き、汗を洗い流すとすっかり毒素が抜けたように気分爽快。楽しいこれぞデトックス効果。
岩温浴の効能はパンフレットによれば、
・自律神経の調整
・精神安定
・細胞の活性化
・血液の浄化
・血圧の正常化
・免疫強化
・腰痛、肩こり
・ダイエット効果
・アレルギーの体質改善
・冷え性
・肺機能強化
など。ただごろんとしているだけで体によいことがたくさんあるなんて、時間さえ取れれば岩温浴は便利かも。ちなみに岩温浴の料金は2000円。(天然温泉、専用ウエア、バスタオル込み)リピーターが多いのか回数券も販売されていました。
今回の岩温浴は、カード情報誌の懸賞で招待券が当たり行ってきました。こんな癒し系の懸賞がもっと増えたらいいな。楽しい
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 子育て期の息抜き法 | あずさ |
 話題の岩温浴でデトックス☆ 

 懸賞サイト: 懸賞キャンペーン情報 de 当選品GET!
PRIZE BOOK
AMAZON & MORE
ATTENTION
SHOPPING
BLOGPEOPLE
LINKS
OTHERS
SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine


total: hoy: ayer:
このページの先頭へ